現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2020年 > 広報みなと2020年12月 > 広報みなと2020年12月21日号 トップページ > 広報みなと2020年12月21日号 港区と全国をつなぐコーナー 第41回 岡山県津山(つやま)市

ここから本文です。

更新日:2020年12月21日

広報みなと2020年12月21日号
港区と全国をつなぐコーナー
第41回 岡山県津山(つやま)市

自然に恵まれた、城と鉄道と牛肉の町

岡山県北部に位置する津山市は、古くから京都・奈良と出雲を結ぶ出雲街道の宿場町として栄え、江戸時代には旧津山藩の城下町として発展しました。今も豊かな自然の中に歴史的遺構や古い町並みが残っています。

津山市の市域の約7割は森林です。県内有数の木材集積地で、津山市等で生産されるスギ、ヒノキは美しく、美作材(みまさかざい)の名で知られています。森林資源が豊富な津山市は港区と「間伐材を始めとした国産材の活用促進に関する協定」を締結し、国産木材の活用や、自治体間連携の取り組みを進めています。

市のシンボルは約1,000本の桜がある西日本有数の桜の名所「津山城(鶴山(かくざん)公園)」です。城跡は「日本さくら名所100選」「日本100名城」等に選ばれています。また、JR津山駅近くの「津山まなびの鉄道館」には、日本に現存する扇形機関車庫では2番目の規模を持つ旧津山扇形機関車庫があり、「デゴイチ」の愛称で親しまれるD51形蒸気機関車等13車両を収蔵しています。 

津山城(鶴山公園)
津山城(鶴山公園)

津山市は牛肉を使った料理が有名です。市民のソウルフードである津山ホルモンうどんは、牛ホルモン入りの味噌ベースダレの焼うどんでB級グルメの祭典、B-1グランプリで上位入賞したこともあります。骨まわりの肉を削(そ)ぐ(そずる)が語源のそずり鍋、もも肉を使用した干し肉等も人気です。「食べ物がおいしく、歴史、鉄道等いろいろな体験ができます。ゆっくり滞在して自分のお気に入りを見つけてください」と津山市秘書広報室の有元朋子(ありもとともこ)さん。

津山ホルモンうどん
津山ホルモンうどん

津山市では現在、特産品や宿泊券等が当たる「津山COME ON!キャンペーン」を実施中です。「自宅で津山を楽しめるコースもあります。ぜひ公式ホームページをご覧ください」とお話しくださいました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口