現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2021年 > 広報みなと2021年1月 > 広報みなと2021年1月11日号 トップページ > 広報みなと2021年1月11日号 まもなく東日本大震災発生から10年 災害への備えはできていますか

ここから本文です。

更新日:2021年1月11日

広報みなと2021年1月11日号
まもなく東日本大震災発生から10年 災害への備えはできていますか

区は、平成23年10月に港区防災対策基本条例を定め、「自助」・「共助」・「公助」の考え方の下、現在、避難所での新型コロナウイルス感染症対策も進めています。新型コロナウイルス感染症の収束が見込めない中、災害が発生し、大勢の人が避難所に避難をすると「3つの密(密閉・密集・密接)」が発生しやすくなります。そのためこれからは、避難所への避難以外にも、住み慣れた自宅で生活を続ける「在宅避難」や、親戚や友人宅への「縁故避難」を検討することが重要です。

日頃から自宅に備蓄品を用意したり、家族で災害時の行動を話し合う等、地震等の災害に備えましょう。

震災時の避難行動の流れ

在宅避難の場合

震度5弱以上の地震発生!!

自宅の被害状況の確認

自宅で生活可能

在宅避難の場合(事前に7日分以上の備蓄をしましょう)

備蓄品の例

非常持出袋、アルファ米セット、水、アルミブランケット、衛生用品、スリッパ、ウエットティッシュ、携帯トイレ、絆創膏等の薬(常備薬)、軍手、モバイルバッテリー、携帯ラジオ、懐中電灯
※区では、区内在住・在勤者を対象に、防災用品のあっせんを行っています。詳しくは、お問い合わせください。

親戚・友人宅へ避難の場合

震度5弱以上の地震発生!!

自宅の被害状況の確認

自宅で生活困難

安全な場所に住んでいて頼れる親戚・友人宅 有

親戚・友人宅へ避難(事前に相談しておきましょう)

避難所へ避難の場合

震度5弱以上の地震発生!!

自宅の被害状況の確認

自宅で生活困難

安全な場所に住んでいて頼れる親戚・友人宅 無

避難所へ避難(備蓄品を持参しましょう)

問い合わせ

  • 防災課地域防災支援係
    電話:03-3578-2516 
    ファックス:03-3578-2539

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。