現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2021年 > 広報みなと2021年2月 > 広報みなと2021年2月1日号 トップページ > 広報みなと2021年2月1日号 新型コロナウイルス感染症に関連した犯罪に注意してください

ここから本文です。

更新日:2021年2月1日

広報みなと2021年2月1日号
新型コロナウイルス感染症に関連した犯罪に注意してください

新型コロナウイルス感染症に関する卑劣な犯罪が全国的に発生しています。

PCR検査やワクチン接種を口実にした詐欺

保健所や区役所の職員を名乗る者から「高齢者を対象にPCR検査やワクチン接種ができます」「検査で陽性の場合はホテル等での治療が必要です」「2月上旬までは医療従事者を優先してワクチン接種を行います」「接種後は1泊してもらいます」等の具体的な説明があった後、「検査や接種には予約金が必要です」とお金を要求されます。

このような電話は詐欺です。自宅の電話は在宅時も常に留守番電話設定にし、メッセージを確認する習慣をつけましょう。

店舗を狙った侵入窃盗

令和2年の緊急事態宣言下では、営業時間の短縮および自粛をしている店舗に対する侵入窃盗被害が発生しています。

閉店中に無施錠の出入口や小窓等から侵入されたり、店舗のポスト等に入れていた合鍵を使用して侵入され、レジや金庫に保管していた現金が窃取されるものです。閉店時は下記の防犯対策を実践し、被害を未然に防止してください。

  • 店舗内(レジや金庫等)に現金を保管しないようにする。
  • 店舗入口のみならず、侵入が予想される勝手口ドアや小窓等も必ず施錠する。
  • 店舗のポストや店舗外に設置のキーボックス等に合鍵を入れておかない。

また、防犯カメラの設置や侵入されたときに警備会社に通報される機械警備を導入する等、店舗に侵入者を近づけないようにしましょう。閉店中の店舗前で周辺の様子を伺う等している不審者を見かけた場合には、110番通報をお願いします。

偽の通信販売サイトに注意

コロナ禍に自宅で過ごす人を狙って、偽の通信販売サイトに誘導し、商品が購入できると騙し、お金を振り込ませる詐欺が多数発生する可能性があります。

  • 不自然な日本語が使われている
  • 商品価格が極端に安い
  • 個人の振込先口座が指定されている

以上の点が見られたら、購入には十分気を付けましょう。

皆さんへのお願い

電話やメールで新型コロナウイルス感染症対策の話や、新型コロナウイルス感染症に関する投資や融資等のお金の話を持ちかけられたら、まずは冷静になって、すぐ行動しないようにしましょう。行動する前に区や警察に相談しましょう。

問い合わせ

  • 防災課生活安全推進担当
    電話:03-3578-2272

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口