現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2021年 > 広報みなと2021年2月 > 広報みなと2021年2月1日号 トップページ > 広報みなと2021年2月1日号 適切な湿度管理で健康的な冬を過ごしましょう

ここから本文です。

更新日:2021年2月1日

広報みなと2021年2月1日号
適切な湿度管理で健康的な冬を過ごしましょう

冬は湿度管理が大切です

冬を快適に過ごすために、温度と同様に湿度にも気を配ることが大切です。少しの心掛けで住まいの空気は快適になります。

湿度は50パーセントを目安に

湿度は低すぎても高すぎてもよくありません。低湿度では風邪やインフルエンザにかかりやすくなり、高湿度では結露やカビが発生する恐れがあります。部屋の湿度は50パーセントを目安に管理しましょう。部屋には温度計とともに湿度計を置くことをおすすめします。

結露していませんか

結露は、室内で発生した水蒸気が冷えて水滴になったものです。特に冬は、生活のさまざまな場面で発生した水蒸気に加え、必要以上に加湿器を使用することによって湿度が高くなることがあります。結露を放置するとカビが発生しやすい環境になり、アレルギー疾患を引き起こすことがあります。結露してしまったら、水滴をふき取りましょう。

換気をしましょう

新型コロナウイルス感染症対策としても換気は有効です。対面の窓を2カ所以上開け、空気の入り口と出口を作りましょう。24時間換気システムのスイッチは常に入れ、部屋の壁の給気口が開いているか確認しましょう。

住まいの環境をより快適に

住まいの衛生について気になることがあればご相談ください。希望があれば区職員が住宅にお伺いし、換気設備の確認や住まいの衛生のアドバイスをしています。

問い合わせ

  • みなと保健所生活衛生課生活衛生相談係
    電話:03-6400-0043

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口