ここから本文です。

更新日:2021年2月11日

広報みなと2021年2月11日号
交通事故ゼロをめざしましょう

特に子ども・高齢者の交通事故に気を付けましょう

令和2年の区内の交通事故件数は減少しています。しかし、子どもと高齢者の年齢層では、交通事故件数が増加しています。

交通事故に遭わないよう、次のことに注意してください。

子どもと高齢者の事故防止のために

よい子のみんなへ

青信号(あおしんごう)でも、道路(どうろ)を渡(わた)る前(まえ)には、安全確認(あんぜんかくにん) 右(みぎ)・左(ひだり)・右(みぎ)

安全確認(あんぜんかくにん) 右(みぎ)・左(ひだり)・右(みぎ)

飛(と)び出(だ)しは絶対(ぜったい)にだめ

飛(と)び出(だ)しは絶対(ぜったい)にだめ

保護者の皆さんへ

横断歩道を渡る際は、お子さんから絶対に目を離さない
またはお子さんと手をつないで一緒に渡る

横断歩道を渡る際は、お子さんから絶対に目を離さないまたはお子さんと手をつないで一緒に渡る

反射材を身に着けましょう

都内で発生した65歳以上の歩行者の交通死亡事故22件のうち、11人は信号無視等の交通違反をしていました(令和2年10月31日現在)。また、事故現場については、高齢者の自宅から500メートル以内の比較的近い場所で発生していました。

慣れた道でも事故に注意し、夕暮れ時や夜間・早朝は反射材を身に着けましょう。

服に反射材を着けている様子
服に反射材を着けている様子

警視庁公認サイト「TOKYO SAFETY ACTION」の動画をご覧ください

警視庁公認サイト「TOKYO SAFETY ACTION」(外部サイトへリンク)に交通安全に関する動画が公開されています。ご覧ください。

問い合わせ

  • 地域交通課交通対策係
    電話:03-3578-2262 
    ファックス:03-3578-2369

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口