ここから本文です。

更新日:2021年2月11日

広報みなと2021年2月11日号
くらしのQ&A

フリマサービスでのトラブルについて

Q フリマサービス(インターネットを使って個人間で商品等を売買できるフリーマーケットサービス)でブランドバッグを購入したが、偽物が届きました。売り主は送ったものは本物だと主張し、トラブルになっています。どうすればよいですか。

A フリマサービスは、スマホ1つで手軽に不用品や中古品を売買できるため便利です。しかし、広場等で催される本来のフリーマーケットと違って、現物の確認ができず、写真や説明文等の間接的な情報で取引をするためリスクを伴います。

利用の際には、フリマサービスの運営会社が定めた取引ルールを必ず守ることが大切です。運営会社は取引の安全を確保するために、取引ルールや補償制度、補償の適用条件等を詳細に設けていますが、基本的に個人間の取引に直接関与はしません。ただし、悪質な取引相手の場合は運営会社が事情を考慮し、取引のキャンセルや返金のサポートをする場合があります。トラブルに遭った場合は運営会社に事情を伝え、協力を得られないか確認しましょう。

問い合わせ

  • 消費者センター相談専用電話(相談受付時間:祝日を除く月曜から土曜午前9時30分から午後4時)
    電話:03-3456-6827

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口