ここから本文です。

更新日:2021年6月11日

広報みなと2021年6月11日号
ハチに気を付けましょう

巣の確認時の注意

ハチは、雨風の当たらないところに巣を作ります。家の周りで多くのハチを頻繁に見かけるときは、近くで巣を作っている可能性がありますので、次のことに注意しましょう。

(1)ハチを見つけたら、その場でいったん停止し、ゆっくり後ずさりして離れる。  

ハチは、速い動きに対して興奮するので、ハチが体の近くに飛んで来たときに手で追い払おうとしたり、慌てて走って逃げたりすると危険です。

(2)黒っぽい色の服やひらひらする物が付いた服、化粧品等匂いの強いものは避ける。

巣ができていたら

巣のできている場所が生活に支障のない場所であれば、そのままにしておいても構いません。アシナガバチやスズメバチは毛虫や青虫等を幼虫のエサにする益虫としての面もあるからです。また、巣は1年限りで、翌年続けて同じ巣を使用することはありません。

万が一刺されてしまったら

ハチの毒は、急激に強いアレルギー反応を起こす場合があります。刺された際は、早急に医療機関を受診してください。

その他

みなと保健所ではハチに関する相談を受け付けています。
※巣の除去は行っていません。

問い合わせ

  • みなと保健所生活衛生課生活衛生相談係
    電話:03-6400-0043

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口