現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2021年 > 広報みなと2021年8月 > 広報みなと2021年8月21日号 トップページ > 広報みなと2021年8月21日号 港区と全国をつなぐコーナー 第48回 静岡県富士市

ここから本文です。

更新日:2021年8月21日

広報みなと2021年8月21日号
港区と全国をつなぐコーナー
第48回 静岡県富士市

静岡県東部の中核都市、富士市は富士山の麓に位置する自然豊かなまちです。富士山が生み出す豊富な地下水が湧く市内には、明治期以降、多くの製紙工場ができました。首都圏に近く、東海道新幹線や東名高速道路等の幹線交通網が市内を横断する交通の便の良さもあり、製紙関連業が発達しました。現在、トイレットペーパーの生産量日本一を誇る全国有数の「紙のまち」として知られています。

富士市と港区は、国内林業の活性化、低炭素社会実現のために「間伐材を始めとした国産材の活用促進に関する協定」を締結しています。みなとパーク芝浦1階に設置している「FUJI HINOKI MADE 富士山ベンチ」は、特産木材「富士ヒノキ」で作られたもので、令和3年3月に富士市から寄贈されました。

市内の各地から富士山を眺めることができる富士市は、海抜0メートルから富士山頂(標高3776メートル)をめざす新たな登山コースとして「富士山登山ルート3776」を設定しました。全長約42キロメートルのコースで、登頂までに3泊4日を推奨しています。「普通の富士登山では物足りない人にぜひ挑戦していただきたいです」と富士市総務部シティプロモーション課の小鈴木海斗(こすずきかいと)さん。

特産品では、「田子の浦しらす」が有名です。1艘(そう)の船で網を引く、独特の漁法で獲る生しらすは鮮度抜群で、特色ある地域産品を保護する農林水産省認定の地理的表示(GI)に登録されています。令和3年3月には、釜揚げしらすも追加登録されました。「穏やかな気候の下、人もおおらかです。ぜひお越しいただき、食や観光を楽しんでください。365日、大きな富士山がお待ちしています」と小鈴木さんはお話しくださいました。

「富士山登山ルート3776」の起点の一つである田子の浦みなと公園
「富士山登山ルート3776」の起点の一つである田子の浦みなと公園

田子の浦しらすを使ったしらす丼
田子の浦しらすを使ったしらす丼

※「田子の浦しらす」は「全国連携MINATOマーケット」で購入できます。

二次元コードをスマートフォンで読み取ると、「全国連携MINATOマーケット(外部サイトへリンク)」のページをご覧いただけます。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口