現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2022年 > 広報みなと2022年3月 > 広報みなと2022年3月21日号 トップページ > 広報みなと2022年3月21日号 ういケアみなとがん情報室Vol.6 グリーフ

ここから本文です。

更新日:2022年3月21日

広報みなと2022年3月21日号
ういケアみなとがん情報室Vol.6 グリーフ

グリーフとは、大切な人を亡くした時の悲嘆という意味です。大切な人を亡くしたとき、食欲が無い、眠れない等の体の症状や、抑うつ感情、故人への罪悪感等の心の症状、何も感じずぼんやりする等の行動の変化が現れることがあります。

悲嘆は死別を経験した人にとってとても自然な反応です。死別を受け入れ、故人のいない世界での生き方を見つけていく過程でもあります。

悲しみの回復には個人差がありますが、年単位の時間を要することが一般的です。体の症状や、孤独感が強い、好きだったことが楽しめない等の状況が長期間続く場合には医療機関への受診が必要となることもあります。人は安心して感情を吐き出すことで悲しみを整理できるといわれています。そこには支えてくれる人の存在が必要になります。時には家族や親しい人、専門家に適切な援助を求めることが大切です。

二次元コードをスマートフォンで読み取ると、がん在宅緩和ケア支援センターホームページ(外部サイトへリンク)をご覧いただけます。

問い合わせ

  • がん在宅緩和ケア支援センター
    電話:03-6450-3421 
    ファックス:03-6450-3583

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口