現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2022年 > 広報みなと2022年3月 > 広報みなと2022年3月21日号 トップページ > 広報みなと2022年3月21日号 障害者関連情報 4月2日は世界自閉症啓発デー 4月2日から4月8日は発達障害啓発週間です

ここから本文です。

更新日:2022年3月21日

広報みなと2022年3月21日号
障害者関連情報
4月2日は世界自閉症啓発デー 4月2日から4月8日は発達障害啓発週間です

毎年4月2日は国際連合が定めた「世界自閉症啓発デー」です。

また、日本では「世界自閉症啓発デー」からの1週間を「発達障害啓発週間」と定め、自閉症をはじめとする発達障害について多くの人たちに広く知ってもらう機会としています。

発達障害とは

通常、低年齢で症状が発現する障害です。主に脳機能の発達に関係するもので、しつけや性格に起因するものとは異なります。発達障害のある人はコミュニケーションが苦手で、障害の適切な理解が得られずに周囲の不適切な対応が原因で生じる二次障害による困難を抱えている場合もあります。感覚が過敏で苦しむ人もいますが、こだわり等を長所として活用できる場合もあります。

主な発達障害

  • 自閉症スペクトラム障害(ASD)・・・対人関係が苦手、興味の偏りがある
  • 学習障害(LD)・・・読み書き、計算が苦手
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)・・・多動、衝動性、不注意がある

発達障害のある人の主な特性と配慮のポイント

  • 相手の意図をくみ取るのが苦手な人には、説明者の意図が伝わっていない可能性を考慮して応対する。
  • 言語的コミュニケーションが苦手な人には、視覚情報で簡潔に伝える。
  • 感覚過敏の人には、落ち着いた環境を用意する。
  • こだわりがある人には、こだわりを受け止めた上で適切に応対する。

発達障害啓発パネル展と作品展

区では、「発達障害啓発週間」のの一環として、パネル展と児童発達支援センターの作品展を開催します。

とき

4月1日(金曜)から4月8日(金曜)

ところ

区役所1階ロビー

発達障害の相談機関

18歳未満

児童発達支援センター
電話:03-6277-3106 ファックス:03-6277-3844

18歳以上

港区発達障害者支援室(障害保健福祉センター内)
電話:03-5439-8077

問い合わせ

  • 障害者福祉課障害者支援係
    電話:03-3578-2825 
    ファックス:03-3578-2678

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口