現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 広報紙 > 広報みなと > 広報みなと2022年 > 広報みなと2022年3月 > 広報みなと2022年3月21日号 トップページ > 広報みなと2022年3月21日号 シリーズ記事 私たちの力で人権の世紀に

ここから本文です。

更新日:2022年3月21日

広報みなと2022年3月21日号
シリーズ記事
私たちの力で人権の世紀に

刑を終えて出所した人とその家族への偏見や差別をなくそう

刑を終えて出所した人やその家族に対する「怖い」「信頼できない」といった偏見や差別は根強くあり、悪意のある噂を流されたり、プライバシーが侵害されたりする他、住宅の確保や就職が困難であること等の問題が起きています。

本人が罪ときちんと向き合い、償った上で、立ち直りをめざし、社会復帰を望んでも、これらの偏見や差別により社会復帰への意欲がそがれたり、更生を阻害されたりすることがあり、その結果、再び犯罪に手を染める可能性を高めることにもつながってしまいます。

刑を終えて出所した人たちが地域社会の一員として円滑な社会生活を営むためには、本人の立ち直りへの意欲と併せて、家族、職場、地域社会等、周囲の人々の理解と協力が不可欠です。また、家族が「罪を犯した人の家族である」というだけの理由で地域社会から差別的な扱いを受けることは、あってはならないことです。

刑を終えて出所した人やその家族の人権を守り、健全な地域社会を築いていくためには、本人の立ち直りへの意欲だけでなく、周囲の偏見や差別意識をなくし、更生と社会復帰に適した社会環境を築いていくことが大切です。

問い合わせ

  • 総務課人権・男女平等参画係
    電話:03-3578-2027

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口