• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2016年3月15日

世界のティータイム01 ラオス

区内に大使館がある各国のお茶文化を紹介する「世界のティータイム」。第1回目はインドシナ半島の国ラオスです。西麻布の大使館で、大使夫人のアマラー・チッ二ョーティンさんにお話を聞きました。

「ラオスのお茶です」と出していただいたのは、乾燥させた桑の葉で入れたお茶。クセがなくサラッとした味わいです。

「健康によいと都市部で人気があります。中国と国境を接している地域ではウーロン茶も好まれます。暑い国ですから、アイスで飲む事が多いんですよ」とチッ二ョーテインさん。コーヒー豆の生産も多く、コーヒーを飲む人も多いそうです。

“3時のティータイム”という習慣はありません。お客を招いたり、少しお腹がすいたときがお茶の時間です。そんなとき出される代表的なデザートがカオサンカヤ。ココナッツミルクで炊いたもち米に、薄い力スタードケーキをのせたお菓子です。ココナッツミルクの甘さが桑の葉茶にピッタリ。ウーロン茶やコーヒーにもあいそうです。

右端が大使夫人アマラー・チッ二ョーティンさん

カオサンカヤ(左上)とお茶の葉

  • この情報は、平成20年(2008年)5月1日号の広報みなとに掲載されました。現在と異なる場合がありますので、ご了承ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034