• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2016年3月15日

世界のティータイム03 ルーマニア

ヨーロッパ南東部に位置し、豊かな自然に恵まれているルーマニア。ティータイムに好んで飲まれるのが、菩提樹の葉と花を乾燥させたハープティーです。

菩提樹はルーマニア人にとってなしみが深く、その葉は料理にも使われます。フロリナ・ネアグ大使夫人は「菩提樹のお茶はとてもポピュラーで、葉と花を摘むところから各家庭で手作りしています」と語ります。お好みで砂糖やハチミツを入れても楽しめます。とりわけ菩提樹の花のハチミツは絶品で、お茶との相性もピッタリです。

菩提樹のお茶がよく飲まれているもう一つの理由は、健康に良いからだとか。「飲むと心が落ち着きますよ。眠れないときなどに飲むのが効果的です」とネアグさん。健康食品としても人気があります。

花の甘い香りとさっぱりした後味のお茶によく合うのがアプリコットのクッキー。生地にジャムを練り込んであるのでしっとりと甘く、素朴な味わいです。「ブラムやリンゴのジャムを使うなど、家庭ごとにバリエーションもあります」とネアグさん。午後5時のティータイムに家族や友人たちとおしゃべりしながら味わうのが幸せなひとときです。

左端が大使夫人フロリナ・ネアグさん

  • この情報は、平成20年(2008年)7月1日号の広報みなとに掲載されました。現在と異なる場合がありますので、ご了承ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034