• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2016年3月15日

世界のティータイム07 コスタリカ

中央アメリカ南部に位置するコスタリカ。国名は「豊かな海岸」という意味で、その名の通り、豊かな大地と美しい自然に恵まれています。常設の軍隊を廃止した国としても有名です。

コーヒーは主要な輸出品であるだけでなく、国民にとって最もなしみのある飲み物です。「1日に3回は飲みます。とくに朝食には欠かせません」とマリオ・フェルナンデス大使は語ります。朝ならば家族と一緒に、午後なら仕事仲間や友人と。団らんの中心には必ずコーヒーがあるのだそうです。

お供にはライス・プディングをどうぞ。お米を牛乳で炊いて、コンデンスミルクで甘みをつけたもの。お祝いの時やデザートには必ず出されるという、とてもポピュラーなスイーツです。

コスタリカでは、世界最高の品質を誇るコーヒーが国づくりを支えてきました。コーヒーによる収入は、真っ先に教育に使われたといいます。「コスタリカは他国と比べれば貧しいかもしれません。しかし、コーヒーがあるおかげで国民に必要なものは足りています。だから平和な国を築くことができました。それが我が国の自慢です」(フェルナンデス大使)。

コスタリカコーヒーとライス・プディング

コーヒーについて説明するマリオ・フェルナンデス大使(右)と乾ファビオラ大使秘書(左)

  • この情報は、平成20年(2008年)11月1日号の広報みなとに掲載されました。現在と異なる場合がありますので、ご了承ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034