• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2016年3月15日

世界のティータイム09 イエメン

モカといえば、最も有名なコーヒーの銘柄の一つですが、その名前はイ工メンにある港に由来します。中東・アラビア半島の先端、紅海に面したモ力の港から、コーヒー豆が世界中に輸出されていきました。

イ工メン産のコーヒーは特に「モ力・マタリ」と呼ばれ、とても香り高くマイルドな味わいが特徴です。コーヒーの原産地はアフリカの工チオピアですがこれを世界に広めたのはアラビア商人たちでした。マルワン・ノーマン大使は「私たちは、コーヒーの起源の国として誇りを持っています」と語ります。

このようにコーヒーと縁の深いイ工メンで、国民が日常的に飲んでいるのはコーヒーハスク(殻)を煎って入れた「ギシル」。コーヒーよりずっと軽く、ほんのりと甘みがあります。日本人の緑茶と同様、イ工メンの人びとにとっては欠かせない飲み物で、客が訪ねてきたら必ずギシルを出すのが礼儀です。

一緒に楽しむのは、ロ東で広く親しまれているデーツ(ナツメヤシの実)を干したお菓子。ミネラルやビタミンが豊富で健康にも良いのだとか。もちろん、ギシルとの相性もぴったりです。

コーヒーハスク(殻)を煎って入れた「ギシル」とデーツ(ナツメヤシの実)を干したお菓子

イエメンのコーヒーについて説明していただいたマルワン・ノーマン大使(左から2人目)と大使館のスタッフの皆さん

  • この情報は、平成21年(2009年)2月1日号の広報みなとに掲載されました。現在と異なる場合がありますので、ご了承ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034