• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

ここから本文です。

更新日:2016年3月15日

世界のティータイム15 カナダ

「カナダのバンクーバーはとても美しい町です。昔そこで働いていた頃、私の職場は海のすぐ近くにありました」カナダ大使館のアミダブ(アミット)・ダット1等書記官は懐かしげに話しました。

「夏にランチの後よく海沿いを散歩しながらコーヒーを買いに出かけました。ほんの10分か15分の休憩ですが、オフィスを抜け出すと別世界。カナダにはそんな場所がたくさんあるんです」

カナダはさまざまな文化を持つ人々が暮らす国。ティータイムのスタイルも多様ですが、近年の傾向としてはコーヒーが好
まれるているそうです。日本と同様に最近は健康志向も広がっているので、脳によいとされるギンコーナッツをブレンドしたコーヒーやフレーバーティーも人気だとか

砂糖の代わりに使われるのが、カナダ名産のメープルシロップ。低カロリーで抗酸化作用があり、体によいとされるポリフェノールを含む天然の甘味料として最近は日本でも注目されています。

カナダの定番、メープルクリームクッキーとブルーベリーマフィン、メープルシロップとブルーベリー。どちらもカナダの名産品で甘味も日本のものとさほど変わらず非常に親しみやすい。

アミダブ・ダット1等書記官

  • この情報は、平成21年(2009年)8月1日号の広報みなとに掲載されました。現在と異なる場合がありますので、ご了承ください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部区長室広報係

電話番号:03-3578-2036

ファックス番号:03-3578-2034