現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度(長寿医療制度) > 新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について

ここから本文です。

更新日:2021年7月1日

新型コロナウイルス感染症の影響による後期高齢者医療保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、以下の対象となる人(1又は2に該当する人)は、保険料が減額又は免除される場合があります。

令和元年度2・3月分及び、令和2年度分の申請は令和3年6月15日(火)で締め切りました。

令和3年度分の受け付けは令和3年7月15日(木)からです。

 対象となる人

1.新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者(※1)が死亡又は重篤な傷病(※2)を負った世帯の人

2.新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の収入が減少し、次の(1)~(3)のすべての要件を満たす人

(1)世帯の主たる生計維持者の令和3年の事業収入、給与収入、不動産収入、山林収入(以下「事業収入等」という。)のいずれかの収入が、令和2年の収入と比べて10分の3以上減少した。

(2)世帯の主たる生計維持者の令和2年の合計所得金額(※3)が1,000万円以下である。

(3)減少した事業収入等に係る所得以外の令和2年の所得の合計額が400万円以下である。

(※1)住民票上の世帯主を指します。但し、世帯員の被保険者の収入が高い場合、その者を主たる生計維持者とすることができます。同住所で別世帯の人や同世帯で75歳未満の世帯員は、主たる生計維持者にはなりません。

(※2)「重篤な傷病」とは、1か月以上の治療を有すると認められるなど、新型コロナウイルス感染症の症状が著しく重い場合をいいます。

(※3)居住用不動産の買い替え等にかかる特別控除については控除した後の額となります。

減額又は免除の対象となる保険料

令和3年4月1日(木)から令和4年3月31日(木)までの間に納期限が設定されているもの 

減額又は免除の基準

1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った人は、保険料を全額免除

2.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者の収入が減少した人は、保険料の全額又は一部を減額

≪減額の計算式≫

保険料減免額=対象保険料額(※1)×減額又は免除の割合(d)(※2)

(※1)対象保険料額
対象保険料額=A×B/C
A:世帯の被保険者全員について算定した保険料額
B:減少した事業収入等に係る令和2年の所得額(減少した事業収入等が2以上ある場合はその合計額)
C:世帯の主たる生計維持者及び世帯の全ての被保険者について算定した令和2年の合計所得金額
(※2)減額又は免除の割合
主たる生計維持者の令和2年の合計所得金額 減額または免除の割合(d)
300万円以下 全部(100%)
400万円以下 80%
550万円以下 60%
750万円以下 40%
1,000万円以下 20%
注:事業等の廃止や失業の場合には、令和2年の合計所得金額にかかわらず、対象保険料額の全額を免除します。

 

申請手続き

後期高齢者医療保険料額決定通知書がお手元に届いてから、高齢者医療係に電話でご連絡ください。申請内容について確認した後、申請書と申請用封筒(切手不要)をお送りします。申請受付は、原則郵送になりますので、申請書に記入のうえ、下記の申請に必要な書類とともに、高齢者医療係へ送付してください。

各総合支所での申請は受け付けておりません。

申請書と申請用封筒の様式(封筒貼り付け用・切手不要)は、下記からダウンロードすることもできます。

 

申請に必要な書類

新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った人

1.新型コロナウイルス感染症に関する後期高齢者医療保険料減免申請書(申請書A)

2.死亡診断書の写し、医師の診断書の写し等(新型コロナウイルス感染症が原因であることが記載されているもの)

 

新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者の収入が減少した人

1.新型コロナウイルス感染症に関する後期高齢者医療保険料減免申請書(申請書A)

2.世帯の主たる生計維持者の所得・収入状況表(申請書B)

3.令和2年と令和3年の収入がわかるもの(以下の表や申請書Bの裏面を参考にしてください)

4.各種給付金等についての申告書(各種給付金の交付の有無を確認いたします)

5.各種給付金等について金額がわかる証明資料(上記4で、各種給付金等の交付を受けた人)

<例>
令和2年の収入がわかるもの

令和3年の収入がわかるもの

確定申告書の写し 給与明細書の写し
源泉徴収票の写し 退職証明書の写し
  家賃収入の場合は、減収が確認できる通帳の写し
  事業収入のわかる資料の写し

 

保険金や損害賠償等により補填されるべき金額がある場合は収入に含めます。

保険金や損害賠償等により補填されるべき金額がある場合は、支給額決定通知書、契約書等の写しを添付してください。(補填がない場合は不要です) 

国や都から支給される各種給付金に関しては、収入に含めません。 

 

新型コロナウイルス感染症に関する後期高齢者医療保険料減免申請書(申請書A)(PDF:139KB)

世帯の主たる生計維持者の所得・収入状況表(申請書B)(PDF:212KB)

各種給付金等についての申告書(PDF:150KB)

案内文・申請書記入例(主たる生計維持者が死亡又は重篤な傷病を負った場合)(PDF:255KB)

案内文・申請書記入例(主たる生計維持者の収入の減少が見込まれる場合)(PDF:287KB)

よくある質問と答え(PDF:317KB)

郵送申請する際の郵送料について(区が郵送料を負担します。こちらのページをご参照ください。)

 

申請期間

令和3年7月15日(木)から令和4年3月31日(木)

介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の収入が下がった65歳以上の人(第一号被保険者)に対し、介護保険料が減免される場合があります。詳しくは介護保険課介護収納相談担当(03-3578-2896)までご連絡ください。

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部国保年金課高齢者医療係

電話番号:03-3578-2654~2659

ファックス番号:03-3578-2669