現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > (仮称)高輪三丁目高齢者福祉施設等整備運営事業候補者の選定結果について

ここから本文です。

更新日:2018年10月25日

(仮称)高輪三丁目高齢者福祉施設等整備運営事業候補者の選定結果について

区有地である高輪三丁目用地を民間事業者に貸し付け、認知症高齢者グループホーム及び小規模多機能型居宅介護施設の整備・運営と、併設する区民協働スペースを整備する優良な事業候補者を公募しました。
公募については、安定した経営基盤のもと、利用者へ継続的に良好なサービス提供ができる事業者を選定するため、プロポーザル方式により広く一般公募を行いました。

選定結果

内容 日程

第1回選定委員会

平成30年6月25日(月曜日)
公募要項発表 平成30年7月2日(月曜日)
質問受付 平成30年7月11日(水曜日)~17日(火曜日)
質問に対する回答 平成30年7月24日(火曜日)
申請受付 平成30年7月24日(火曜日)~8月1日(水曜日)

第2回選定委員会(第1次審査)

平成30年8月28日(火曜日)
第3回選定委員会(第2次審査) 平成30年9月3日(月曜日)

 

応募事業者

3事業者

審査方法

一次審査

(1)応募書類による資格審査及び財務状況分析

(2)評価基準に基づく選定委員会委員による提案書の評価

二次審査

(1)応募者によるプレゼンテーション

(2)選定委員によるヒアリング

事業候補者

社会福祉法人奉優会(東京都世田谷区駒沢一丁目4番15号真井ビル)

選定理由

(1)施設の特性に合わせた支援を行うため、グループホームにおいては、利用者が慣れ親しんだ地域活動への参加などにより、生きがいや社会での役割を見出したり、小規模多機能型居宅介護においては、通いのない日にも安否確認の訪問を行うなど、継続的な見守りに取り組んでいる。

(2)地域や家族との連携・交流のために、出張による認知症カフェの実施、利用前の家庭訪問によるアセスメントの実施や定期的な家族会の実績がある。

(3)介護人材確保のために、職員のライフスタイルの変化に応じ、短時間勤務等の雇用条件の変更を行うなど、職員が働き続けられる体制を構築しており、産休・育休後の復職率が100%の実績がある。

選定委員会の構成

 

氏名

所属等

委員長

岡本多喜子

明治学院大学社会学部社会福祉学科教授

副委員長

佐藤雅志

福祉施設整備担当部長

委員

鳥羽美香

文京学院大学人間学部人間福祉学科教授

委員

松浦恵理子

特定非営利活動法人市民シンクタンクひと・まち社事務局長

委員

山本睦美

保健福祉支援部高齢者支援課長

 

関係資料

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉支援部保健福祉課福祉施設整備担当

電話番号:03-3578-2514

ファックス番号:03-3578-2398