現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > 部活動指導業務委託に係るプロポーザルの結果について

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

部活動指導業務委託に係るプロポーザルの結果について

「部活動指導業務委託」に係るプロポーザルの選考結果を公表します。

プロポーザル方式採用の理由

本事業を円滑に実施するためには、学校現場に合わせて柔軟に対応できる指導員の確保が必須となります。受注者の選定にあたっては、価格のみならず、部活動指導員の採用・育成・管理体制や受注者、教育委員会、学校との連携等について総合的に比較検討できるプロポーザル方式を採用しました。

選考過程

募集要綱の配布・申込受付 令和3年12月21日(火曜日)~令和4年1月7日(金曜日)
質問の受付 令和4年1月4日(火曜日)
質問に対する回答 令和4年1月5日(水曜日)
提案書類の締切 令和4年1月13日(木曜日)
一次審査 令和4年1月24日(月曜日)
二次審査 令和4年2月3日(木曜日)
事業候補者の決定・結果通知 令和4年2月4日(金曜日)

参加事業者

2事業者

審査方法

(1)一次審査(書類審査)

  • 申込事業者から提出された提案書類に基づき、評価項目ごとに各選考員会が評価採点し、選考委員会で協議の上、一次審査通過者としました。

(2)二次審査(プレゼンテーション、ヒアリング)

  • 一次審査通過者のプレゼンテーション10分及びヒアリング20分を実施しました。
  • 一次審査と二次審査とをあわせた総合評価を基に選考委員会で協議の結果、事業候補者を選定しました。

選考事業候補者名

リーフラス株式会社

選考理由

  • 各学校にて指導する部活動指導員のほかに、統括責任者を配置することで指導員からの課題の吸い上げのみならず、学校、教育委員会と調整する体制が十分に整えられていたこと。また統括責任者自身が学校にまわり現場を把握する体制が整えられていたこと。
  • これまでの実績から現場感覚をもって、学校、生徒の不安等を聞きながら柔軟に対応する体制が整えられていたこと。
  • 生徒が出ない大会の運営にも携わる体制が整えられていたこと。

事業候補者選考委員会の構成

委員長 岡出 美則 日本体育大学教授
副委員長 篠﨑 玲子 教育委員会事務局学校教育部教育指導担当課長
委員 高田 彬成 帝京大学教授
委員 吉永 武史 早稲田大学准教授
委員 中田 和直

港区立青山中学校長

関連資料

募集要項(PDF:245KB)

第一次審査集計表(PDF:80KB)

第二次審査集計表(PDF:90KB)

第一回選考委員会議事録(PDF:173KB)

第二回選考委員会議事録(PDF:119KB)

第三回選考委員会議事録(PDF:182KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学校教育部教育人事企画課教育支援係

電話番号:03-5422-1541

ファックス番号:03-5422-1547