現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > 小中学生国内イングリッシュ・キャンプ又はMINATOイングリッシュプログラム事業業務委託に係るプロポーザルの結果について

ここから本文です。

更新日:2022年6月6日

小中学生国内イングリッシュ・キャンプ又はMINATOイングリッシュプログラム事業業務委託に係るプロポーザルの結果について

「小中学生国内イングリッシュ・キャンプ又はMINATOイングリッシュプログラム事業業務委託」に係るプロポーザルの選考結果を公表します。

プロポーザル方式採用の理由

本件業務は「受注型企画旅行」として、派遣する留学生の選定・ホームステイ先の確保等、現地での受け入れ体制についての綿密なコーディネートが必要となります。この事業の成否が事業者の組織力・企画力に依拠する比重が高いため、事業者の選定にあたっては、プロポーザル方式を採用しました。

選考過程

募集要項の配布・申込受付 令和4年4月12日(火曜日)~令和4年4月27日(水曜日)
質問の受付 令和4年4月19日(火曜日)
質問に対する回答 令和4年4月20日(水曜日)
提案書類の締切 令和4年4月27日(水曜日)
一次審査 令和4年5月10日(火曜日)
二次審査 令和4年5月18日(水曜日)
事業候補者の決定・結果通知 令和4年5月18日(水曜日)

参加事業者

1事業者

審査方法

一次審査

申込事業者から提出された提案書類に基づき、評価項目ごとに各選考委員会が評価採点し、選考委員会で協議の上、一次審査通過者としました。

二次審査

  • 一次審査通過者のプレゼンテーション10分及びヒアリング20分を実施しました。
  • 一次審査と二次審査とをあわせた総合評価を基に選考委員会で協議の結果、事業候補者を選定しました。

選考事業候補者名

株式会社JTB

選考理由

  • 海外派遣の代替プログラムとして港区が本事業を実施する趣旨を十分に理解していた。
  • 留学生の選定について、英語を第二外国語とする者を選定するなど、児童・生徒の英語の学習に寄り添った実施を計画していた。
  • 留学生及びホームステイ先について、必要十分な数を確保できるパイプを有しており、不測の事態があっても、本事業を停滞させることなく実施できる体制が構築されていた
  • 新型コロナウイルス感染症の感染について、現地の保健所や医療機関等との連携により適切に対応できる体制を構築している点がよかった。

事業候補者選考委員会の構成

委員長 福井 正仁 玉川大学客員教授
副委員長 上村 隆 教育委員会事務局学校教育部長
委員 松浦 正和 元帝京科学大学教職特命教授
委員 小林 千春 戸板女子短期大学名誉教授
委員 篠﨑 玲子 教育委員会事務局学校教育部教育指導担当課長

関連資料

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学校教育部教育人事企画課教育支援係

電話番号:03-5422-1541

ファックス番号:03-3578-2759