現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > 校務支援システム構築業務委託に係るプロポーザルの結果について

ここから本文です。

更新日:2021年12月20日

校務支援システム構築業務委託に係るプロポーザルの結果について

「校務支援システム構築業務委託」に係るプロポーザルの選考結果を公表します。

プロポーザル方式採用の理由

本件は、パッケージソフトを採用する予定ですが、事業者によりパッケージソフトの機能、品質等の差が大きいため、価格だけでなく、パッケージソフトの機能、運用段階の費用等を含めて総合的に評価する必要性が高いことから、プロポーザル方式を採用します。

選考過程

募集要綱の配布・申込受付 令和3年10月11日(月曜日)~令和3年10月25日(月曜日)
質問の受付 令和3年10月21日(木曜日)まで
質問に対する回答 令和3年10月22日(金曜日)
提案書類の締切 令和3年11月1日(月曜日)
一次審査 令和3年11月11日(木曜日)
二次審査 令和3年11月22日(月曜日)
事業候補者の決定・結果通知 令和3年11月25日(木曜日)

参加事業者

1事業者

審査方法

(1)一次審査(書類審査)
  • 申込事業者から提出された提案書類に基づき、評価項目ごとに各選考員会が評価採点し、選考委員会で協議の上、一次審査通過者としました。
(2)二次審査(プレゼンテーション、ヒアリング)
  • 一次審査通過者のプレゼンテーション20分及びヒアリング25分を実施しました。
  • 一次審査と二次審査とをあわせた総合評価を基に選考委員会で協議の結果、事業候補者を選定しました。

選考事業候補者名

日本電気株式会社

選考理由

  • これまでの導入実績から、現場側を考慮されたシステムであること。また、教育委員会、学校現場の意見を取り入れながら構築できる事業者であること。
  • ヘルプデスク体制についても教員が抱える悩みや課題について解決するまでとことん付き合う体制があること。訪問サポートを通じてシステムの効果的な利活用を提案できること。
  • セキュリティ上の問題が発生した際、蓄積したログのデータを教育委員会にただ渡すのみならず、原因を究明したうえで報告をしてくれること。

事業候補者選考委員会の構成

委員長 中川 哲 株式会社Edlog代表取締役
副委員長 篠﨑 玲子 港区教育委員会事務局学校教育部教育指導担当課長
委員 川﨑 誠司 東京学芸大学教授
委員 西田 光昭 ICT活用教育アドバイザー
委員 髙松 政則

港区立赤坂中学校長

関連資料

募集要項(PDF:249KB)

第一次審査集計表(PDF:94KB)

第二次審査集計表(PDF:87KB)

第一回選考委員会議事録(PDF:217KB)

第二回選考委員会議事録(PDF:123KB)

第三回選考委員会議事録(PDF:178KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局学校教育部教育人事企画課教育支援係

電話番号:03-5422-1541

ファックス番号:03-5422-1547