• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > 震災復興まちづくり模擬訓練支援業務委託に係るプロポーザルの結果について

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

震災復興まちづくり模擬訓練支援業務委託に係るプロポーザルの結果について

プロポーザル方式を採用した理由

本訓練は、参加する地域住民によるワークショップ等を行うなど、机上で議論を重ねる取組が主となります。そのため、地域の特性、震災に対する危険度、生活再建のシナリオなど、「震災復興」に精通し、かつ地域とのワークショップなどの経験があるなど、区のまちづくりや地域特性について十分に理解し、実績を持った事業者の支援が不可欠です。

これらの要件に適合するかを把握するため、公募型プロポーザル方式を採用しました。

選考の過程(選考日程)

令和元年7月1日、7月16日 第1回選考委員会
令和元年7月18日 公表、募集要項配布
令和元年7月31日 申込締切
令和元年7月31日 提案書等提出締切
令和元年8月7日 第2回選考委員会(一次審査)
令和元年8月9日 一次審査結果通知
令和元年8月19日 第3回選考委員会(二次審査)
令和元年8月21日 二次審査結果通知

事業候補者選考委員会の構成

委員長 野澤 靖弘 街づくり支援部長
副委員長 冨田 慎二 街づくり支援部都市計画課長
委員 村上 利雄 芝地区総合支所まちづくり課長
委員 近江 善仁 高輪地区総合支所まちづくり課長
委員 冨永 純 芝浦港南地区総合支所まちづくり課長

参加事業者数

2者

審査方法

資格審査

申込事業者は、全て参加資格要件を満たしていたので、全事業者(2者)を参加事業者としました。

第一次審査

申込事業者から提出された申込書類及び提案書類について、審査基準に基づき、評価項目ごとに各選考委員が評価採点し、総合的な審査を行い、第一次審査通過者として2者を選考しました。

第二次審査

第一次審査通過者のプレゼンテーション及びヒアリングを実施し、審査基準に基づき、評価項目ごとに各選考委員が評価採点し、第一次審査と第二次審査とをあわせた総合評価により事業候補者を選考しました。

選定事業者名

株式会社首都圏総合計画研究所

選定事業者の技術提案書

技術提案書(概要)(PDF:827KB)

選考理由

(1)業務に関する実践的・専門的な知識を有している。過去において、震災復興に関する地域との訓練を実施した経験や、ワークショップ等の多数の経験をいかし、本訓練においても、参加区民が取り組みやすい、成果の実感につながる進行管理が可能であると考えられること。

(2)提案内容が具体的で本業務の目的を達成することができる実現性が高いものとなっている。例えば、外部協力者として震災復興に精通した学識経験者や、区内で活動している建築士をファシリテータとして活用するなど、地域の現状や課題に沿った訓練を実施できると考えられること。

(3)本件に対する取組意欲が高い。具体的には、ヒアリングにおいて委員からの質問に的確に回答することができ、過去の実績においても丁寧に地域に説明するなど、本件においても責任を持って取り組む姿勢が感じられたこと。

選考関係資料

審査結果

事業候補者選考委員会会議録

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:街づくり支援部都市計画課街づくり計画担当

電話番号:03-3578-2210(内線:2213)

ファックス番号:03-3578-2239