現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > 港区低炭素まちづくり計画策定支援業務委託に係るプロポーザルの選考結果について

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

港区低炭素まちづくり計画策定支援業務委託に係るプロポーザルの選考結果について

プロポーザル方式を採用した理由

「港区低炭素まちづくり計画」は、都市の低炭素化を図ることにより、都市の健全な発展に寄与することを目的に、「都市の低炭素化の促進に関する法律」に基づく計画として、平成27年10月に策定され、区はエネルギーの効率的利用の促進や、環境に配慮した交通環境の整備等の施策を進めてきました。令和2年度に計画期間が終了することから、近年の社会情勢の変化や、技術革新、街づくりの進捗等を踏まえた、新たな計画を策定します。
本業務は、計画策定に関する広範かつ高度な知識や経験を有することが不可欠であることから、最も適した事業者に委託するため、公募型プロポーザル方式により事業候補者を選考しました。

選考の過程(選考日程)

日程 内容
令和2年2月5日 第1回選考委員会
令和2年2月12日 公表、募集要項配布
令和2年3月2日 申込、提案書等提出期限
令和2年3月16日 第2回選考委員会(一次審査)
令和2年3月17日 一次審査結果通知
令和2年3月23日 第3回選考委員会(二次審査)
令和2年3月24日 二次審査結果通知

事業候補者選考委員会の構成

委員長 野澤 靖弘 街づくり支援部長
副委員長 冨田 慎二 街づくり支援部都市計画課長
委員 冨永 純 芝浦港南地区総合支所まちづくり課長
委員 海老原 輔 街づくり支援部地域交通課長
委員 茂木 英雄 環境リサイクル支援部環境課長

参加事業者数

2者

審査方法

第1次審査

申込事業者から提出された申込書類及び提案書類について、審査基準に基づき、評価項目ごとに各選考委員が評価採点し、総合的な審査を行い、第一次審査通過者として2者を選考しました。

第2次審査

一次審査通過者のプレゼンテーション及びヒアリングを実施し、審査基準に基づき、評価項目ごとに各選考委員が評価採点し、一次審査と二次審査とをあわせた総合評価により事業候補者を選考しました。

選定事業者名

株式会社日建設計総合研究所

提案書(PDF:1,316KB)

選考委員会における評価(選考理由)の概要

  • 業務に関する実践的・専門的な知識を有していること。具体的には、低炭素分野の最新技術に関する知識や見解を持つとともに、区の制度や街づくりの動向を的確に捉えている点である。
  • 提案内容が具体的で本業務の目的を達成することができる実現性が高いものとなっていること。具体的には、低炭素まちづくり計画の意義を理解し、低炭素社会の実現に向けたプロセスについてイメージを持った提案がなされている点である。
  • 本件に対する取組意欲が高いこと。具体的には、与えられた課題に対して的確かつわかりやすい説明がなされており、今後計画内容を区民へ説明する観点からも評価できるとともに、ヒアリングにおいて委員からの質問に的確に回答することができ、責任を持って取り組む姿勢が感じられた。

関連資料

選考関係資料

審査結果

事業候補者選考委員会会議録

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:街づくり支援部都市計画課街づくり計画担当

電話番号:03-3578-2210