現在のページ:トップページ > 区政情報 > 入札・契約 > プロポーザルの結果 > 選挙システム更新業務委託の選考結果について

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

選挙システム更新業務委託の選考結果について

プロポーザル方式を採用した理由

 

現在、本区の選挙人名簿に登録されている有権者は約20万3千人であり、在外選挙人名簿には約1,200人が登録されている。さらに、今後、区の人口は30万人に達すると見込まれている。

選挙を執行する環境は、平成9年の公職選挙法改正により不在者投票事由が緩和されたことで不在者投票により投票を済ませる有権者が増え、平成15年の期日前投票制度の創設でより一層そうした流れが加速した。また、平成28年6月には選挙権年齢が18歳に引き下げられ、若年層の有権者も加わった。

当委員会では、こうした法改正に適切に対応し、有権者の選挙人名簿への登録・抹消及び選挙時の投票資格確認のため、選挙事務にシステムの活用を順次拡充してきたが、初期のシステム導入から10年以上が経過しているため、あらためてシステム及び事業者の再評価をプロポーザル方式により行うものである。

選考経過

手続き

日程

プロポーザル募集要項等の公表・配布期間

令和2年2月20日(木曜日)~令和2年3月10日(火曜日)

午後5時まで

質問書受付期限 令和2年3月4日(水曜日)午後3時まで
質問回答 令和2年3月6日(金曜日)
参加申込書・企画提案書等提出期間

令和2年3月9日(月曜日)~令和2年3月13日(金曜日)

午後5時まで

二次審査(プレゼンテーション及びヒアリング) 令和2年3月24日(火曜日)
審査結果通知 令和2年3月27日(金曜日)

参加事業者数

1者

審査方法

第一次審査

申込事業者から提出された申込書類及び提案書類について、審査基準に基づき、評価項目ごとに各選考委員が評価採点し、総合的な評価を行いました。

第二次審査

第一次審査通過者のプレゼンテーション及びヒアリングを実施し、審査基準に基づき、評価項目ごとに各選考委員が評価採点し、第一次審査結果を含めた総合評価により事業候補者を選考しました。

選考結果

株式会社ムサシ

選考委員会の構成

 

  所属 氏名
委員長  ITコンサルタント  内田 勝也
副委員長  全国市区選挙管理委員会連合会次長  関沢 始
委員  港区選挙管理委員会事務局長  髙橋 辰美
委員  港区情報政策課長  若杉 健次 
委員  港区高輪地区総合支所副総合支所長(管理課長) 佐藤 博史 

関連資料

選考関係資料

仕様書(PDF:255KB)

別紙1(PDF:84KB)

別紙2(PDF:329KB)

・別紙3(PDF:273KB)

・別紙4(PDF:86KB)

募集要項(PDF:566KB)

・選考方針(PDF:374KB)

審査結果

・第一次審査評価表(PDF:1,044KB)

・第二次審査評価表(PDF:348KB)

事業候補者選考委員会議事録

・第1回選考委員会議事録(PDF:3,491KB)

・第2回選考委員会議事録(PDF:1,238KB)

・第3回選考委員会議事録(PDF:1,936KB)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:選挙管理委員会事務局啓発・選挙係

電話番号:03-3578-2766

ファックス番号:03-3578-2774