現在のページ:トップページ > 健康・福祉 > 健康・医療 > 流行疾患・感染症・熱中症 > 【やさしい日本語】新型コロナウイルス感染症(かんせんしょう)について > 【やさしい日本語】お祭(まつ)りなどで気(き)をつけること

ここから本文です。

更新日:2020年12月23日

【やさしい日本語】お祭(まつ)りなどで気(き)をつけること

 自分(じぶん)たちの国(くに)のお祭りをおこなうときは、感染症(かんせんしょう)に気をつけて、次(つぎ)のことに注意(ちゅうい)してください。

  • からだの調子(ちょうし)がわるいときは、イベントなどに行かない
  • たくさんの人が集まる場所(ばしょ)に行かない
  • 感染を予防(よぼう)する対策ができていないイベントなどに行かない
  • イベントなどに参加する場合は、次のことに注意する

   ・となりの人とのきょりをとる

   ・手と指を消毒(しょうどく)する

   ・マスクをつける

   ・おおきな声でしゃべらない

  • お店(みせ)で、たくさんお酒(さけ)をのむことや、夜おそくまで、お酒をのむことは、なるべくひかえる
  • お酒をのんで、イベントなどに参加することは、なるべくひかえる
  • 家族(かぞく)とおうちで過(す)ごす、オンラインのイベントに参加するなど、あたらしい楽しみかたをかんがえる
  • 感染したと思ったら、近くの病院(びょういん)に相談(そうだん)してください。わからないことがあるときは、みなと保健所(ほけんじょ)に相談してください。

※外国語(がいこくご)での相談はこちらを見てください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部企画課新型コロナウイルス感染症対策担当

電話番号:03-3578-2057

ファックス番号:03-3578-2034