現在のページ:トップページ > 防災・生活安全 > 生活安全 > 港区安全の日 > 令和4年度「6.3 安全な社会づくりを目指して」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2022年6月8日

令和4年度「6.3 安全な社会づくりを目指して」を開催しました ~献花式と講演会を合わせて約300名の方が参加されました~

 平成18年6月3日、区立住宅シティハイツ竹芝で、エレベーターの扉が開いたまま上昇するという不具合が発生し、同住宅に居住する当時16歳の高校生が亡くなりました。

 区は、事故が発生した6月3日を、この事故を風化させることなく、区民全体がエレベーター等の安全対策について考えていく日とするとともに安全・安心を最優先していくという区の姿勢が今後も変わらないことを区の内外に示すため、平成30年に港区安全の日としました。

 そして、港区安全の日の目的を多くの区民に知っていただき、身近な施設の安全について考えていただくため、事故のご遺族とその支援者からなる「赤とんぼの会」と区との共催により、平成30年度から「6.3安全な社会づくりを目指して」として、港区安全の日である6月3日に、献花式と講演会を行っています。

 令和2年度と3年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により献花式のみの開催としましたが、令和4年度は感染者数の減少傾向やワクチンの接種状況を踏まえ、感染予防対策を十分にとった上で、献花式と講演会を開催しました。

令和4年度「6.3 安全な社会づくりを目指して」の開催概要

開催日

 令和4年6月3日(金曜日)

 ・献花式 午後1時~午後8時30分

 ・講演会 午後6時~午後8時

会場

 港区障害保健福祉センター(港区芝一丁目8番23号)

講演会

 ・演題 「一人のいのち、みんなのいのち」

 ・講師 柳田 邦男 氏(ノンフィクション作家)

 ※事例提供者として、竹ノ塚踏切事故のご遺族である 加山 圭子 氏が登壇されました。

武井区長  市川様

  (左)開会挨拶をする武井雅昭港区長      (右)開会挨拶をする市川正子氏

清原議長  柳田様

(左)来賓挨拶をする清原和幸港区議会議長        (右)柳田邦男氏

港区の取組

 講演会では、柳田氏の講演のほか、赤とんぼの会と港区が、それぞれ令和3年度の安全に対する取組の状況を報告しました。港区の取組についての報告で使用した資料は下記のとおりです。ご一読ください。

 港区の安全・安心への取組~事故から16年、あの日を二度と繰り返さないために~(PDF:419KB)

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理室防災課施設安全担当

電話番号:03-3578-2158

ファックス番号:03-3578-2539