現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和3年度学習内容 > 医療覚醒-医療のミッションは個々の患者へのブランドの提供!-

ここから本文です。

更新日:2022年2月17日

医療覚醒-医療のミッションは個々の患者へのブランドの提供!-

10月2日(土曜)4時限:南淵明宏

 医療消費者の心得

長年、医師として保健医療制度と一般社会の権威崇拝という「心性」にぶら下がって生きてきた。一方の医療消費者である患者さんも社会の制度の恩恵を大きく享受していると思う。

さて、人は皆、健康に不安がある。「なにかあったらどうしよう」こういう時は救急隊員に任せるべき。何が起こったかわからないからだ。この瞬間の誤った判断は命とりである。有能な医者もいますが、専門違いの医者、不埒な医者、どれに当たるかわからない。一刻も早い応急処置と検査機器を用いた正確な診断が命を救う。

昨今、「上級国民」なる言葉がささやかれ、政治権力に対する激しい不信感が醸成されている。バクーニンの曰く「あらゆる権力は暴政を招く」だが、そんなふうに権力から庇護される、例えば「裁判所の逮捕状を首相官邸からの電話一本で警視庁の刑事部長が握りつぶしてしまう」話はこの国で本当にあったことなのだろうか?そしてその刑事部長は警察庁長官に!信頼できる権力なら必要悪として認められるべきである。

皆さんはしっかりとその点、つまり信用できる権威、権力なのかを確認すべきである。みなさんの医師にかかるかかり方でそれは判定できる。甘い囁きを絶対に信用してはならない!

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123

ファックス番号:03-5421-7626