現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和3年度学習内容 > 精神障害と社会福祉2.-日本の精神医療の歴史・現状・今後の課題、うつ病を中心に-

ここから本文です。

更新日:2022年2月17日

精神障害と社会福祉2.-日本の精神医療の歴史・現状・今後の課題、うつ病を中心に-

9月29日(水曜)2時限:村上雅昭

有病率の高いうつ病を取り上げた。近年は減少しているが1998年以後14年間、日本の自殺者は年間の3万人を超える時期があった。その間、累計40万人に上る人々が自ら命を絶った。その結果、2006年には自殺対策基本法が成立した。

また、自殺既遂者の10倍は自殺未遂者が存在すると推定されているのを考慮すると身近な社会的問題である。自殺者の背景にはうつ病が存在すると指摘されている。うつ病に関する疫学的事実を提示し、うつ病治療の重要性を指摘した。そして実際のうつ病の症状、原因、経過、治療方法を解説した。

現代のうつ病増加の背景には諸説がある事も紹介した。医学は実学である事を踏まえ、参加した市民の方々が今後の生活に実際に役立つように、予防方法のヒントと早期発見の方法をストレス対処に焦点を当てながら認知行動療法も含めて解説した。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123

ファックス番号:03-5421-7626