• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和元年度学習内容 > 地域福祉と住民参加1-地域・生活を見る目-(講師感想)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年6月6日

地域福祉と住民参加1-地域・生活を見る目-(講師感想)

4月17日(水曜)1時限 河合克義

地域福祉の現状と住民参加の意義を考えてもらうため、依然として起こっている餓死事件、孤独死問題を通して、地域で何が起こっているのか、住民生活の問題とは何かを具体的材料にもとづいて問題提起した。まず、1987年1月に札幌市で発生した母子餓死事件についてのビデオ「母さんが死んだ-生活保護の周辺-」(STV制作)を見ていただいた。

続いて、地域・生活を見る目として、(1)前提:自分を客観視すること、(2)「声なき声」に耳を傾けるということ、(3)生活問題の特性-潜在化と孤立-について説明した。とくに地域生活問題の量と質について考えてほしいことを提起した。まずは、自分自身の地域・生活を見る目を養うことが重要である。と同時に住民の社会福祉に対する意識を変えること、つまり福祉への理解を広げることの大切さも強調した。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123

ファックス番号:03-5421-7626