現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和元年度学習内容 > 心と身体のリフレッシュ(1)-暮らしの中でのからだづくり-(講師感想)

ここから本文です。

更新日:2019年7月23日

心と身体のリフレッシュ(1)-暮らしの中でのからだづくり-(講師感想)

6月26日(水曜)2時限 亀ヶ谷純一

 今回は実技を中心に、寝たきり予防の簡単な筋力トレーニングとストレッチポールを使い、骨格の並びを正しく整える実技も併せて行いました。

 厚労省の調査によれば寝たきりの原因の第1位は脳卒中、そして第2位が転倒による骨折です。この二つの要因で全体の40~50%を占めています。転倒は老化に伴う筋力低下に影響されます。このため筋力量の低下、特に下半身の筋力を制御することが重要です。

 今回は寝たきり予防の方法として鍵になる筋肉「腸腰筋」(腸骨筋と大腰筋の総称)を中心にトレーニングを紹介しました。具体的には「その場足踏み」、「レッグレイズ」、「仰向け足踏み」等です。

 ストレッチポールは背骨を中心に自体重をかけることにより、充分なストレッチ効果が期待できます。日常的に続けることにより姿勢の歪みが原因でおこる肩こりや腰痛の予防にもなります。今回、BGMとして受講生の皆さんが若いころに聞いた音楽を実技中通しで流してみました。気のせいでしょうか、実技を終えた受講生の顔が明るく元気になったように思えました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123(内線:3843)

ファックス番号:03-5421-7626