• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和元年度学習内容 > 日本の社会保障のグローバル化対応-(講師感想)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年11月15日

日本の社会保障のグローバル化対応-(講師感想)

10月2日(水曜)1時限 岡伸一

 「社会保障」や「社会福祉」の定義から紹介し、グローバル化時代の社会保障の国際的な動向について論じた。世界の先進諸国におけるグローバル化対応の概要を示した後で、日本における社会保障のグローバル化対応の遅れを具体的に説明した。医療から年金、介護保険、生活保護等における外国人への社会保障の適用上の問題点を紹介した。特に、欧州における人の国際移動が自由な社会での国際連携を強調した。

他方、日本でも進められてきた社会保障の二国間協定やEPAによるインドネシアやフィリピンからの看護師や介護福祉士の受入について、現状と課題を論じた。二国間協定では、国際的な基本原則に外れている部分も指摘した。さらに、昨年実施された入国管理法改正により外国人受け入れが拡大する今後の展開についても言及した。社会保障のグローバル化対応はますます重要となるとの見方を共有した。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123(内線:3843)

ファックス番号:03-5421-7626