ここから本文です。

更新日:2019年6月6日

日本の現代小説(講師感想)

4月27日(土曜)3時限 高橋源一郎

本が読まれなくなり、テレビさえ見捨てられ、いまや若者たちの大半は、スマーントフォンから情報を仕入れるようになった、といわれています。そんな時代に、文学などという古めかしい文化はもう受け入れられないのではないか。そんな危惧も、拡がっているようです。確かに、古い世代に馴染みの深い作家たちの名前を若者たちに告げても「聞いたこともない」という返事がかえってくるだけです。けれども、「一つ前の古い時代に読まれた作家」が次の時代に読まれなくなる、ということは、歴史上、繰り返し起こったことでした。また、かつてはテレビがラジオを駆逐し、マンガが子どもたちを愚かにすると、いわれたものです。けれども、いまでもまだラジオは存在し続け、マンガで育った世代が文化の中心になっています。文学もまた、おそらくは、形を変えながら、その時代にふさししい何かを生み続けるのではないか。わたしはそう信じています。なぜなら、文学(あるいは小説)こそ、芸術の世界の新参者であって、歴史の上では生れたばかりといってもいいものだからです。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123

ファックス番号:03-5421-7626