• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和元年度学習内容 > 高齢者の健康と体力-心とからだの元気づくり-(講師感想)

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年6月6日

高齢者の健康と体力-心とからだの元気づくり-(講師感想)

4月27日(土曜)4時限 亀ヶ谷純一

世界の中で他に類を見ない長寿国日本。同時にそれは人類が今まで経験したことのない高齢化社会の出現を意味しています。

若者人口に対し高齢者の占める割合が高い大変な時代にはなりました。年齢を重ねても「自分のことは自分で」充実した生活を望むためには、心身が健康でなければなりません。今回の講義はそのような時代背景を意識し、「心とからだの元気づくり」をキーワードに講義を行いました。

長寿だった私の祖父母を例に、100歳を超えた人の生活態度、ライフスタイルはどうだったのか?その日常生活は自分のペースを保ち、かつ出来るだけ規則正しく、適度な歩行や労働など体を動かす環境が生活の中にあったこと。そして孫や曾孫を面倒みるという使命感もまた併せ持っていた。

そのような他愛のないエピソードから入り、講義で強調したことは、高齢者の筋力については、80歳代の高齢者において脚筋力パワーは歩行速度や階段登りといった日常生活行動の能力と高い相関があること。また加齢に伴う筋力の変化は25歳から30歳ころをピークに減少を始め、60歳ころから急激に低下すること、特に筋力低下は上肢よりも下肢の筋において顕著であること。そして転倒防止、寝たきり予防のため脚を持ち上げるときに使われる腸腰筋などインナーマッスルを意識してトレーニングすることの重要性などをお話ししました。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123

ファックス番号:03-5421-7626