現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和元年度学習内容 > 児童福祉1.-児童虐待と社会的養護-(講師感想)

ここから本文です。

更新日:2019年6月19日

児童福祉1.-児童虐待と社会的養護-(講師感想)

5月15日(水曜)1時限 三輪清子

 児童福祉の中でも特に注目を浴びている児童虐待というトピックをあつかうにあたり、まずその背景となる日本の児童福祉の現況の概要を確認した。そのうえで、児童虐待の種類と各々の定義を確認するとともに、児童虐待の解釈においてグレーゾーンの部分が多くあることについて考えていただいた。

 そして、児童虐待の加害者が誰なのか、その要因は何かについて、データに基づいて説明した。また、児童虐待の通報があったとき、どの機関がどの様に対応するのか、など、児童虐待通報から子どもの保護までの一連の流れについて説明した。

 最後に、児童相談所の「泣き声通告」の事例(子どもの泣き声から児童虐待の疑いありとして通告された事例)から、子育てをしている親にとって地域のサポートが重要であることを強調した。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123(内線:3842)

ファックス番号:03-5421-7626