現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > 暮らしの情報 > 地域のできごと > 高輪地区防災ネットワーク避難所運営訓練が実施されました

ここから本文です。

更新日:2018年12月22日

高輪地区防災ネットワーク避難所運営訓練が実施されました

12月15日(土曜)に、高松中学校において高輪地区防災ネットワーク主催の避難所運営訓練が実施されました。

訓練内容

「避難所受付設営」、「備蓄倉庫の収納状況確認と運び出し訓練」、「体育館避難者居住場所の区画割」、「マンホールトイレの蓋の開閉」

午後1時に高松中学校玄関脇(本部受付)に集合し、会長の開会の挨拶から始まりました。3箇所の受付場所に長机、ホワイトボードを配置し、備蓄倉庫の収納状況確認と運び出し訓練を実施。その後、本部席において運営ボックスの中身を確認しました。体育館に移動し、避難居住者の区画割をブルーシートを使い確認をしてから、間仕切りの組立てをしました。最後に校庭にあるマンホールトイレの開閉を救出資機材を使用して確認をしました。

閉会の挨拶では、高輪消防署から日頃の取組みが大事との話があり参加した20名の役員の方は、次回の訓練に活かすよう課題を確認して終了しました。

地域の防災力をあげるため、地元の防災訓練へ積極的に参加しましょう。

 

1

運び出し訓練の様子

 

2

避難所運営ボックスの中身の確認をしている様子

 

 

3

避難者居住場所の区画割の様子

 

4

マンホールトイレの開閉の様子

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課協働推進係

電話番号:03-5421-7621

ファックス番号:03-5421-7626