現在のページ:トップページ > 高輪地区総合支所 > チャレンジコミュニティ大学 > 令和3年度学習内容 > コロナ禍におけるベーシックインカムと負の所得税

ここから本文です。

更新日:2021年9月2日

コロナ禍におけるベーシックインカムと負の所得税

7月10日(土曜)4時限:金子充

本講義では、前回(6月19日)の講義を前提に、さらに新しい海外の社会保障制度改革の動向(イギリス、イタリア、フィンランド等)と、コロナ禍での所得保障制度(特別給付金等)の動向を紹介した。また、「ベーシックインカム」および「負の所得税」と呼ばれる所得保障の構想(理論)について理解を深め、それらを具現化したとされる「給付付き税額控除」と呼ばれる税制の概要と課題を確認した。前回の講義では、社会保障を受ける権利と市民が果たすべき義務とのバランスの問題を考察したが、それを受けて、ベーシックインカムや税額控除のような新しい制度を具体的にどのように考えたらよいのか、論点を整理した。受講者からは質問もあり、ディスカッションをすることができた。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:高輪地区総合支所協働推進課地区政策担当

電話番号:03-5421-7123

ファックス番号:03-5421-7626