ここから本文です。

更新日:2023年3月29日

乳幼児接種(生後6か月から4歳まで)について(3月29日(水曜)更新)

新型コロナウイルスワクチンの乳幼児(生後6か月から4歳まで)への接種を実施しています。

みなと子どもワクチン安心相談ダイヤルを設定しています ※令和5年5月2日(火曜)まで

4歳以下へのワクチン接種について、新型コロナワクチンの副反応や健康に対する不安、効果に対する疑問等について、看護師に気軽に相談できるコールセンター(みなと子どもワクチン安心相談ダイヤル)を設置しています。お子さんへのワクチン接種を迷っている方はぜひご活用ください。

電話番号

0120-099-554

受付時間

祝日を除く月曜~金曜 午前8時30分から午後5時15分まで

対象者

お子さんへの新型コロナワクチン(乳幼児接種)の接種を検討している保護者(区民)

港区乳幼児新型コロナワクチン副反応ホットラインを開設しています ※令和5年3月31日(金曜)まで

港区内の集団接種会場または個別接種医療機関で新型コロナワクチンの乳幼児接種を受けた後、不安な症状が出た場合に愛育病院小児科医師が24時間直接対応するホットライン(電話相談)を開設しています。※ホットラインの電話番号は、港区内で乳幼児接種を受けた方にお知らせします。

乳幼児接種に関する副反応アンケートを実施しています

港区では、乳幼児(生後6か月から4歳まで)へのワクチン接種について、接種後の副反応の状況を確認するため副反応に関するアンケート調査を実施しています。港区内で乳幼児接種をしたお子さんの保護者の方に接種会場でQRコードが記載されたアンケートチラシを配付していますので、お子さんの副反応の状況についてアンケートにご協力をお願いいたします。

対象者

1・2・3回目接種

生後6か月から4歳までの方

1回目の接種時において生後6か月以上4歳以下の方を対象に3回の接種を行います。乳幼児用のファイザー社ワクチンを1回目接種から3週間後に2回目を接種、その後少なくとも8週間の間隔をおいて3回目を接種します。

個別接種(小児科クリニック等)

開始日

令和4年10月25日(火曜)以降順次開始

個別接種医療機関

乳幼児個別接種医療機関一覧(令和5年1月19日時点)(PDF:140KB)をご覧ください。

ワクチンの種類

乳幼児用ファイザー社ワクチン

【生後6か月から4歳のお子様の保護者の方へ:接種の前にお読みください】

【ファイザー】新型コロナワクチン予防接種についての説明書(乳幼児(生後6か月~4歳)接種用)(外部サイトへリンク)

乳幼児接種の接種券について

新たに生後6か月を迎える方に順次お送りします。

接種にあたっての注意点

・初回接種(1・2・3回目接種)完了までに5歳を迎えた場合は、1回目の接種時の年齢に基づいて判断し、引き続き乳幼児用(生後6か月~4歳用)のワクチンを接種することとなります。

・新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンの同時接種は可能です。ただし、インフルエンザワクチン以外のワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後(2週間後の同じ曜日)以降に接種できます。

・新型コロナワクチンと他のワクチン(インフルエンザワクチンを除く)との接種間隔等については、かかりつけ医にご相談ください。また、お子様に基礎疾患があるとき等、ワクチンについて疑問や不安があるときも、かかりつけ医等にご相談ください。

接種にあたっての参考資料

・新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)(外部サイトへリンク)

・新型コロナワクチン接種後の注意点(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)(外部サイトへリンク)

・厚生労働省ホームページ(新型コロナワクチン乳幼児接種ページ)(外部サイトへリンク)

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

【予約受付・問合せ先】
港区新型コロナワクチン接種コールセンター
電話番号:0120-252-237(対応言語:日本語、英語、中国語、韓国語/ 3 Languages Available English,Chinese,Korean)

<受付時間>
平日:午前8時30分~午後8時
土曜・日曜・祝日:午前8時30分~午後5時30分