ここから本文です。

更新日:2021年7月26日

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の交付を開始します

新型コロナウイルスワクチンの接種が済んでいることを証明する書類としては、既に皆さんに交付している接種済証、接種記録書(いずれもワクチンのロット番号シールが貼付されているもの)があります。

「ワクチンパスポート」は、接種済証、接種記録書とは別に、海外渡航を予定している人に対して発行するものであることにご留意ください。

※接種証明書の提示で、あらゆる国や地域との防疫措置が緩和された状態で往来可能となるものではありません。最新の状況は、外務省ホームページ(外部サイトへリンク)で随時公表される予定です。

申請・交付開始日

7月26日(月曜日)から

※受付開始日より前の受付はできません。

対象者

ワクチン接種済みで、海外渡航の予定のある区民

※ただし、区外に転出した人で港区が発行した接種券により接種した人を含みます。

申請方法

原則、郵送又は電子申請で申請してください。接種証明書は申請受付から1週間以内に発行し、郵送します。

・郵送の場合

【郵送先】
〒105-8511
港区芝公園一丁目5番25号
港区役所「ワクチンパスポート発行担当」
※郵送料は区が負担します(詳しくは、「郵送申請する際の郵送料について」をご参照ください。)。

・電子申請の場合

電子申請(外部サイトへリンク)

お急ぎの方へ

お急ぎの方は、みなと保健所2階(港区三田一丁目4番10号)の窓口で、事前予約の上、申請及び交付することも可能です。

※7月26日から7月30日までの予約は、みなとコール(03-5472-3710)へ

※8月1日以降の予約は、予約サイトにより受付予定(8月1日開設予定)

<みなとコールの受付時間>
午前9時から午後5時まで(窓口申請の予約は、前日の午後5時まで)

申請書類

1.申請書(PDF:57KB)

申請書は、各総合支所に設置している予約相談サポート窓口でも配布しています。

 

2.旅券(パスポート)の写し

※旅券に旧姓、別姓、別名(英字)の記載がある場合は、それらを確認できる書類(旧姓併記のマイナンバーカード・運転免許証・住民票・戸籍謄本等、別名・別姓の記載のある外国の旅券)の写しが必要です。

3.接種済証又は接種記録書の写し

4.返信用封筒(返送先住所、氏名が記載されたもの。切手不要)

5.返送先住所が記載された本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)の写し

※電子申請の場合は、2、3、5の写真をお取りいただき、データをアップロードしてください。

<代理人による請求の場合>

・1回の申請で交付できる接種証明書(ワクチンパスポート)は、1世帯分までです。

・法定代理人の場合は、それを証明するもの(戸籍謄本、登記事項証明書等)が必要です。

・任意代理人の場合は、委任状(PDF:64KB)が必要です。
※任意代理人による請求は窓口受付のみ可能です。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

【問合せ先】
港区新型コロナワクチン接種コールセンター

電話番号:0120-801-567(英語での対応可能)

<受付時間>
平日 午前8時30分~午後8時
土・日曜、祝日 午前8時30分~午後5時30分

ファックス番号:03-3455-4539