ここから本文です。

更新日:2022年8月4日

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート・海外用)※日本国内用としても利用可能

接種証明書(ワクチンパスポート)をその場で発行します(令和4年7月20日(水)開始)

今後、接種証明書(ワクチンパスポート)を速やかに取得したいという希望が増加することが見込まれるため、令和4年7月20日(水)から、港区新型コロナワクチン接種センターでワクチン接種した港区民を対象に、希望者にはその場で紙の接種証明書(ワクチンパスポート)を発行します。

紙の接種証明書の発行に必要なもの

・旅券(パスポート)

・過去にコロナウイルスワクチンを接種している場合は、その接種済証または接種記録証

※港区が発行できる接種証明書(ワクチンパスポート)は、港区が発行した接種券を使用して日本国内でワクチン接種を受けた方の接種分(1・2・3回目接種)です。

※即時発行が可能な接種会場は、港区新型コロナワクチン接種センター(旧勤労福祉会館)です。

接種証明書の発行について

現在、窓口申請よりも電子申請の方が比較的早く証明書が発行できます。
窓口申請の予約ができなかった場合、近日中に海外渡航等緊急にワクチンパスポートが必要になる等の理由があっても即日の発行はできません。
 あらかじめ余裕を持って発行申請をしていただくよう、お願い致します。

「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート・海外用)」は、接種済証、接種記録書とは別に、海外渡航時などワクチンを接種したことを諸外国にて証明する必要がある方に対して発行します。12月20日以降に発行する接種証明書には、偽造防止対策として二次元コードが付与されています。

また、マイナンバーカードとスマートフォンを持っている方は、専用アプリから「接種証明書(電子版)」の申請・取得も可能です。詳細はデジタル庁ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

※紙の証明書は1枚で海外用と日本国内用を兼ねていますが、電子版の接種証明書をご利用の場合は、アプリ上で海外用と日本国内用それぞれ申請が必要となります。

日本国内用のみをご希望の場合は、「新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート・日本国内用)」をご覧ください。なお、お手元に接種済証、接種記録書をお持ちの場合は、国内用として引き続き有効な証明書として使用できますので、大切に保管してください。

ワクチンパスポートの制度詳細については、厚生労働省ホームページ「海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について」もご覧ください。⇒日本語(外部サイトへリンク) / 英語(外部サイトへリンク)

※接種証明書の提示で、あらゆる国や地域との防疫措置が緩和された状態で往来可能となるものではありません。最新の状況は、外務省ホームページ(外部サイトへリンク)で随時公表される予定です。

対象者

港区が発行した接種券を使用して、日本国内でワクチン接種を受けた人

港区以外に住民登録がある方で、住所地外接種や職域接種などにより、「住民登録のある自治体が発行した接種券」を使って港区で接種を受けた方は、住民登録のある自治体にご申請ください。

申請方法

郵送又は電子申請で申請してください。接種証明書は内容に不備が無ければ、申請受付から約7日間程度で発行し、郵送します。

郵送の場合

【郵送先】
〒108-8790
港区三田一丁目4番10号
みなと保健所 新型コロナウイルスワクチン接種担当 宛て
※郵送料は区が負担します。定形(PDF:183KB)を印刷し、封筒に貼付し郵送してください。

電子申請の場合

電子申請(外部サイトへリンク)

窓口申請について

事前予約をした場合のみ、みなと保健所2階(港区三田一丁目4番10号)の窓口で、申請及び即日交付することが可能です。

窓口申請の予約は、こちらの予約サイト(外部サイトへリンク)からお取りください。

8月の窓口申請予約は、7月22日(金)午後1時00分に開始しました。

<窓口予約に関する問合せ先>
みなと保健所新型コロナウイルスワクチン接種担当
電話番号:03-6453-6757(受付時間:平日 午前8時30分~午後5時まで)

※ワクチンパスポート全般に関するお問い合わせは、コールセンター(ページ下部に問合せ先記載)にご連絡ください。

申請書類

1.申請書(PDF:923KB) ※2ページ目は説明文です。両面印刷してご使用ください。

2.旅券(パスポート)の写し

※旅券に旧姓、別姓、別名(英字)の記載がある場合は、それらを確認できる書類(旧姓併記のマイナンバーカード・運転免許証・住民票・戸籍謄本等、別名・別姓の記載のある外国の旅券)の写しが必要です。

3.接種済証又は接種記録書の写し 

4.返送先住所が記載された本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)の写し (※パスポートとは別の書類が必要です)

※電子申請の場合は、2、3、4の写真を撮影いただき、データをアップロードしてください。

代理人による請求・受け取りの場合 

申請書類の1~4に加え、請求者本人自署の 委任状(PDF:64KB)、代理人の方の身分確認できる書類(運転免許証等)を提出してください。

・代理人による請求・受け取りは窓口申請のみ可能です。1回の予約枠で交付できる接種証明書(ワクチンパスポート)は、5人分までが目安です。

 

※申請者本人が未成年者であり、法定代理人が窓口申請をする場合には、委任状は不要です。

※任意代理人:本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)の写しの提出が必要です。

※法定代理人:本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)の写しに加え、法定代理人であることを証明するもの(戸籍謄本、登記事項証明書等)が必要です。

1世帯分(複数人)の接種証明書(ワクチンパスポート)を発行する場合であっても、申請書類及び委任状は、証明書を必要とする請求者1人につき1枚必要です。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

【問合せ先】

港区新型コロナワクチン接種コールセンター
電話番号:0120-252-237(英語、中国語、韓国語での対応可能)
<受付時間>
平日 午前8時30分~午後8時
土・日曜、祝日 午前8時30分~午後5時30分

ファックス番号:03-3455-4539