現在のページ:トップページ > 区政情報 > 連携 > 「全国連携の港区」の実現に向けて > 連携自治体の魅力発信コーナー > 北海道豊富町(ほっかいどうとよとみちょう)

ここから本文です。

更新日:2020年5月23日

北海道豊富町(ほっかいどうとよとみちょう)

北海道豊富町はこんなところ!

北海道豊富町は日本のほぼ最北に位置し、豊かな自然環境に恵まれた「温泉、酪農、湿原」が有名なまちです。

日本最北の温泉郷「豊富温泉」は世界には2つ、日本にはただ1つともいわれる天然の油を含んだ希少な泉質で、お肌に大変良いと評価が高く、温泉療法医が選ぶ日本の名湯100選に選出されています。また、昔からやけどや皮膚病に効能が高いと言われており、アトピーなどの皮膚疾患に悩む方々からは「奇跡の湯」と呼ばれ、療養湯治湯として全国から多くの湯治者をお迎えしています。

乳牛が約1万4千頭飼養されている豊富町は酪農が基幹産業のまちであり、地元の酪農家が搾った新鮮な生乳は、自然の風味豊かな「北海道サロベツ牛乳」などの乳製品となって出荷されています。

ラムサール条約に登録されているサロベツ湿原はエゾカンゾウなど約70種類の花々が咲き、野鳥などの動物たちが命を育んでいる自然豊かな日本最大の高層湿原です。

豊富町1

「サロベツ湿原」

豊富町2

「豊富温泉」

北海道豊富町には美味しいものがたくさん!

広々とした草地でゆったり育った牛たちのおいしくミネラルたっぷりの豊富牛乳や、その牛乳からつくる美味しいアイスクリーム等の乳製品は特におすすめです。

豊富3

「ferme(フェルム)のとよとみ牛乳ソフトクリーム」

豊富4

「サロベツベニソンのエゾシカの角煮・

みそ煮・カレー缶詰」

北海道豊富町との連携状況

平成26年に区と「間伐材を始めとした国産材の活用推進に関する協定」を締結したことがきっかけに連携が始まりました。さらに、平成28年に、特別区全国連携プロジェクトの一環として、特別区長会と北海道町村会が連携協定を締結したことで、豊富町を含む北海道宗谷地域8町1村への連携へと拡大しています。

平成29年には、豊富町の温泉を体験できるイベントを区内銭湯と協力し開催するなど、着実に交流を深め、令和元年には区内在住・在勤・在学者が豊富町を訪れ、地域の手伝い等をしながら現地の魅力を体験する「港区×北海道宗谷地域『宗谷版ワーキングホリデー』」を初めて開催しました。

本年4月には、区が新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、厳しい環境におかれているみなと保健所をはじめとした区職員に対して、特産品である乳製品の寄付をいただくなど、深い交流へとつながっています。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:企画経営部企画課全国連携推進担当

電話番号:03-3578-2509

ファックス番号:03-3578-2034