• 港区のことを知ろう
  • まちなみ探検
  • 自然をしらべよう
  • クイズ・ゲームで遊ぼう

インターネットマナー知ってる?

お役立ちホームページ

ここから本文です。

氷川公園(ひかわこうえん)

(赤坂(あかさか)6-5-4)

この公園は、地下に駐車場(ちゅうしゃじょう)がある人工地盤(じんこうじばん)の公園です。平成(へいせい)11年に再整備(さいせいび)しました。園内には、幼児(ようじ)たちの遊び場(あそびば)、バラ園、噴水(ふんすい)など誰(だれ)もが安心(あんしん)して気軽(きがる)に利用(りよう)できる快適(かいてき)な公園に生(う)まれ変(か)わりました。バラ園は毎年(まいとし)美(うつく)しい花を咲(さ)かせます。(見頃(みごろ)は5月(ごがつ)中旬(ちゅうじゅん)と10月(じゅうがつ)中旬(ちゅうじゅん))

公園の沿革(えんかく)

江戸時代前期(えどじだいぜんき)、この附近(ふきん)には広島藩(ひろしまはん)浅野家(あさのけ)を本家(ほんけ)とする浅野家(あさのけ)の本・分家(ぶんけ)の屋敷(やしき)があり、赤穂藩(あこうはん)浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)の屋敷(やしき)もこの地域(ちいき)にありました。明治(めいじ)39年(1906年)、新山荘輔(にいやまそうすけ)の邸宅(ていたく)となっていたこの地を赤坂区(あかさかく)が買収(ばいしゅう)し、明治(めいじ)41年(1908年)東京市氷川尋常小学校(とうきょうしひかわじんじょうしょうがっこう)が開校(かいこう)しました。ところが、昭和(しょうわ)4年(1929年)に隣(となり)の家の火災(かさい)により校舎(こうしゃ)が類焼(るいしょう)したことから、学校は勝海舟邸跡(かつかいしゅうていあと)の旧氷川小学校(きゅうひかわしょうがっこう)の地に移転(いてん)しました。昭和10年(1935年)8月28日、同小学校の移(うつ)った跡地(あとち)を公園として開設(かいせつ)しました。その後、昭和25年(1950年)10月1日東京都(とうきょうと)より移管(いかん)を受(う)け、港区(みなとく)が管理(かんり)を行なっています。