• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글
文字の大きさ
拡大
標準
縮小

色合い・音声読み上げ・ふりがな

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • ホーム
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者
  • 港区のことを知ろう
  • まちなみ探検
  • 自然をしらべよう
  • クイズ・ゲームで遊ぼう

インターネットマナー知ってる?

お役立ちホームページ

ここから本文です。

南桜公園(なんおうこうえん)

(西新橋(にししんばし)2-10-13)

南桜(みなみさくら)公園1南桜(みなみさくら)公園2
南桜(みなみさくら)公園3

平成(へいせい)15年に部分改修(ぶぶんかいしゅう)を行いました。小学校の名残(なごり)である二宮尊徳(にのみやたかのり)像(ぞう)や石碑(せきひ)、石段(いしだん)などを残(のこ)しています。災害時(さいがいじ)にはトイレとして利用(りよう)できるベンチなどの施設(しせつ)もあります。昼休みには近くの会社員(かいしゃいん)の方々(かたがた)でいっぱいです。3月中旬(ちゅうじゅん)には、オオカンザクラが見頃(みごろ)を迎(むか)えます。

公園の沿革(えんかく)

南桜公園(なんおうこうえん)の周辺(しゅうへん)は、江戸時代(えどじだい)には多くの大名屋敷(だいみょうやしき)があった場所(ばしょ)で、幕末(ばくまつ)には老中(ろうじゅう)の堀田正睦(ほったまさとし)の中屋敷(なかやしき)でした。昭和(しょうわ)4年に関東大震災(かんとうだいしんさい)の帝都震災復興事業(ていとしんさいふっこうじぎょう)により小学校に隣接(りんせつ)して公園が開設(かいせつ)され、昭和(しょうわ)25年に東京都(とうきょうと)から港区(みなとく)に移管(いかん)されました。

ページの先頭へ戻る