• 港区のことを知ろう
  • まちなみ探検
  • 自然をしらべよう
  • クイズ・ゲームで遊ぼう

インターネットマナー知ってる?

お役立ちホームページ

ここから本文です。

乃木公園(のぎこうえん)

(赤坂(あかさか)8-11-32)

乃木(のぎ)公園1乃木(のぎ)公園2

外苑(がいえん)東通りに面(めん)していますが、緑(みどり)が多く静(しず)かな園内は都会(とかい)にいることを忘(わす)れそうです。彫刻(ちょうこく)と見事(みごと)に調和(ちょうわ)したサクラの大木が、毎年見事に咲(さ)き誇(ほこ)ります。

公園の沿革(えんかく)

日清日露戦争(にっしんにちろせんそう)を戦(たたか)った陸軍大将乃木希典(りくぐんたいしょうのぎまれすけ)(1849~1912)の邸宅(ていたく)でしたが、乃木将軍(のぎしょうぐん)の遺志(いし)により、公園として東京市に寄贈(きぞう)され、大正2年に開設(かいせつ)されました。昭和(しょうわ)25年、港区(みなとく)に移管(いかん)され、管理(かんり)をおこなっています。

乃木邸(のぎてい)について

乃木将軍(のぎしょうぐん)は、明治(めいじ)12年10月にこの地に住(す)みました。園内には、明治35年、将軍(しょうぐん)自身(じしん)の設計(せっけい)によって改造(かいぞう)された乃木将軍(のぎしょうぐん)の邸宅(ていたく)が今も残(のこ)っています。傾斜(けいしゃ)した地形を上手に利用(りよう)した3階(かい)建(だ)てで、地下の天井(てんじょう)が直ちに1階(かい)の床板(とこいた)となり、1階の天井(てんじょう)が2階の床板(とこいた)を兼(か)ねる、無駄(むだ)のない簡素(かんそ)な建物(たてもの)です。また、将軍(しょうぐん)は馬をこよなく愛(あい)し、今も立派(りっぱ)なレンガ造(づく)りの厩(うまや)が残(のこ)されています。毎年、乃木将軍(のぎしょうぐん)の命日(めいにち)に合わせ、9月12日・13日に邸内(ていない)を一般公開(いっぱんこうかい)しています。