現在のページ:トップページ > 区政情報 > 広聴 > よくある質問 > 環境 > 「港区緑と水に関する基本方針」について知りたい。

ここから本文です。

更新日:2020年8月20日

「港区緑と水に関する基本方針」について知りたい。

質問

「港区緑と水に関する基本方針」について知りたい。

回答

港区では、平成17年度に『港区緑と水に関する基本方針』を策定しました。

目標値には「緑被率」に加え、今回新しく「みどり率」と「実質浸透域率」を定めました。「みどり率」は、東京都の『みどりの新戦略ガイドライン』を参考に、「実質浸透域率」は、緑の生育と関係の深い水の視点を取り入れて定めたものです。「実質浸透域率」を指標として定めたのは、23区でも初めてのことです。

届出窓口

環境リサイクル支援部環境課  緑化推進担当

休日

土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

特記事項

■目的
都市部では、都市化の進展による既存緑地の減少、ビルの過密化、地表面の舗装等により、ヒートアイランド現象、都市型水害等の都市部特有の問題が発生しています。区内に残された貴重な自然環境を保全しつつ、区民・企業等・行政が協働して緑と水の豊かなまちを実現するとともに、区が直面しているさまざまな環境問題に対応するため、「港区緑と水に関する基本方針」を定め、実効力のある仕組み、体制の確立をめざします。


■目標
緑被率※1の目標を25%とします。
みどり率※2の目標を30%とします。
実質浸透域率※3の目標を30%とします。

※1緑被率・・・緑で覆われた面積の割合
※2みどり率・・・緑被率に「河川等の水面が占める割合」と「公園内の緑で覆われていない面積の割合」を加えたもの
※3実質浸透域率・・・水が浸透する面積の割合


■目標年次
20年後(2026年)とします。

お問い合わせ先

環境リサイクル支援部環境課 緑化推進担当

03-3578-2111(内線2330)