ここから本文です。

更新日:2019年9月6日

みなと打ち水大作戦

みなと環境にやさしい事業者会議では、夏季に「みなと打ち水大作戦」と題し、区内各地で打ち水イベントを実施しています。当日直接会場にお越し頂ければ、どなたでも参加可能です。

※打ち水大作戦に使用する水は、芝浦水再生センターから提供を受けた下水処理水(再生水)等の二次利用水を活用しています。

令和元年度実績

日時

会場

参加人数

7月31日(水曜)

午後3時30分から

日比谷通り(都営三田線「三田駅」A9出口付近)

113名

8月1日(木曜)
午後1時55分から

浜松町駅北口交通広場(ハマサイト)

86名

8月6日(火曜)

午後3時30分から

国際新赤坂ビル西館地下広場 28名

8月21日(水曜)

午後5時10分から

竹芝客船ターミナル

41名

 

みなと打ち水大作戦の様子

ハマサイト打ち水大作戦2017_1

ハマサイト打ち水大作戦2017_2

 

お台場打ち水大作戦2017_1

お台場打ち水大作戦2017_2

お問い合わせ

みなと環境にやさしい事業者会議(mecc)事務局

〒105-0013 港区浜松町1-13-1エコプラザ内(3F)

TEL:03-6806-9280 E-mail:info@mecc-minato.net

みなと環境にやさしい事業者会議(外部サイトへリンク)

 

打ち水とは

打ち水は、暑く乾いた路面に水をまくことで自然な涼しさが体感できる江戸時代から続く環境にやさしい納涼の知恵です。節電対策や地域のコミュニケーションの一環にもなります。是非ご家庭でも実践してください。

打ち水の方法

ステップ1

水の用意

水は、お風呂の残り湯や雨水等を使いましょう。

ステップ2

道具は何でも大丈夫

水を入れるのは、手おけやバケツ、ペットボトル、じょうろ等が便利です。

ワンポイントアドバイス

打ち水は、道路や庭だけでなく、屋上・ベランダ・外壁等、いずれの場所でも日なた・日陰を問わず効果があります。まいた水がゆっくり蒸発する朝や、夕方は特に効果があります。

注意

  • 水をまくときは、人にかからないように注意しましょう。
  • 自転車やバイクが滑りやすいマンホール上やカーブ途中にはまかないようにしましょう。
  • 安全のため、自転車や自動車の通行が多い通りは避けてください。
  • 熱中症にも注意しましょう。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:環境リサイクル支援部環境課地球環境係

電話番号:03-3578-2497