• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

マイページ

使い方

あなたの好きなページが登録できます

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

浸水ハザードマップ

港区浸水ハザードマップは、下水道や河川の排水能力を大きく超える激しい雨が降った場合に、浸水が発生する地域を予想したものです。マップには浸水が予想される地域とその深さ、避難所等を示しています。

港区浸水ハザードマップを改定しました

平成27年5月の水防法改正に伴い、東京都が平成30年12月に「城南地区河川流域浸水予想区域図」を改定しました。その改定により、浸水想定に用いる対象降雨が、東海豪雨(平成12年9月発生。時間最大雨量114mm・総雨量589mm)から想定し得る最大規模の降雨(時間最大雨量153mm・総雨量690mm)に変更されました。

港区浸水ハザードマップは、東京都が作成した浸水予想区域図を基に作成しています。今回の東京都の「城南地区河川流域浸水予想区域図」の改定(平成30年12月)に合わせ、港区浸水ハザードマップを改定しました。改定した浸水ハザードマップは、想定し得る最大規模の降雨(時間最大雨量153mm・総雨量690mm)によるシミュレーションを基にしています。(※一部地域を除く)

※一部地域とは、隅田川及び新河岸川流域(主に、新橋・虎ノ門・六本木・麻布台・赤坂地区等)であり、このたび変更はありません。今後、東京都による新たな浸水想定の公表に合わせ、更新する予定です。

浸水予想区域図の詳細については、下記の関連リンク(東京都建設局のホームページ)をご参照ください。

 

 

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:街づくり支援部土木課土木計画係

電話番号:03-3578-2217・2218・2219