現在のページ:トップページ > 区政情報 > 各種広報媒体・報道資料 > 報道資料 > プレスリリース > 事業紹介等 > 2022年7月 > 受け手の立場に立った「伝わる日本語」の浸透をめざして 言語学の専門家グループと共同研究に関する協定を締結します

ここから本文です。

更新日:2022年7月22日

受け手の立場に立った「伝わる日本語」の浸透をめざして 言語学の専門家グループと共同研究に関する協定を締結します

区は、あらゆる人に必要な情報が伝わるよう、受け手の立場に立った「伝わる日本語」の浸透に向けた取組を進めています。

取組の一つとして、言語学の専門家グループと共同研究に関する協定を締結し、区の文書を受け手に合わせた分かりやすく親しみやすい文書へ改善していくための研究を行います。

協定締結式 概要

日時

令和4年7月26日(火曜)午後4時40分から午後5時まで

会場

港区役所 4階庁議室 (港区芝公園一丁目5番25号)

出席者

武井 雅昭(たけい まさあき) 港区長 

庵 功雄(いおり いさお) 「やさしい日本語」研究グループ代表者 一橋大学教授

共同研究の内容

  • 区政モニターアンケートなどをもとにした行政文書へのニーズ把握・分析
  • 区が作成した文書(通知文やパンフレット等)に対する改善の検討
  • 改善した文書のモニタリングを様々な年齢層の多様な人に実施 など

 

実際の行政文書を活用した共同研究は全国初!

協定締結式の取材を希望される場合は、7月25日(月曜)午後5時までに下記問合せ先へお申し込みください。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課伝わる日本語推進担当

電話番号:03-3578-4402

ファックス番号:03-3578-2976