現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 平和・人権 > 平和への取り組み > 平和のつどい(平和と音楽の祭典)

ここから本文です。

更新日:2022年7月28日

平和のつどい(平和と音楽の祭典)を開催します  

 幅広い世代の方々が、悲惨な戦争の歴史を風化させることなく、唯一の被爆国の国民として、「戦争の悲惨さ」や「平和の尊さ」について考え、そして、次の世代へ語り伝えていくことを目的に「平和のつどい(平和と音楽の祭典)」を開催します。

令和4年平和のつどいポスター

 ちらし(PDF:5,076KB)

日時

令和4年8月27日(土曜)午後2時から午後5時まで(開場は午後1時30分から)

定員180名 事前申込制(ご予約が必要です。)

※参加費無料

申込

みなとコール 03-5472-3710

受付時間 9:00~17:00(ただし8月2日(火)のみ午後2時から受付開始)

申込期間 8月2日(火曜)~8月19日(金曜)

※ファックスの場合は、氏名・電話番号・住所・手話通訳の希望の有無を総務課人権・男女平等参画係へご送信ください。

FAX:03-3578-2976

会場

港区立男女平等参画センター(リーブラホール

(港区芝浦1-16-1みなとパーク芝浦1階)

プログラム

第一部「港区平和青年団活動報告~語り継ごう、平和への想い~」

港区平和青年団が、この夏に「戦争体験者との交流」や「長崎派遣研修」等を通じて学び、感じた平和への熱い想いを伝えます。

また、平成17年に港区平和都市宣言20周年事業の一環として、区立芝公園に設置した「平和の灯(ひ)」に分火していただいた自治体からの「平和へのメッセージ」を港区平和青年団員が代読します。                                

 

  平和青年団第1回研修    平和の灯(ひ)

港区平和青年団

第1回事前研修にて、港区語り部の会の皆さんと交流した際の写真です。 

 ※写真撮影時のみマスクを外しています。

平和の灯(ひ)

原子爆弾の被爆地である広島、長崎そして広島での 原子爆弾の炎を灯し続けている福岡県八女市(分火時は、星野村)の3か所の火をあわせたものです。

第二部「被爆体験伝承講話」

広島市の被爆体験伝承者より、被爆者から受け継いだ被爆体験や平和への想いについてお話いただきます。

第三部「平和祈念コンサート」

平和への願いを音楽にのせ、壮大なオーケストラ演奏によりお届けします。

ぜひ、皆様でこの想いを共有しませんか?

出演

 東京室内管弦楽団

東京室内管弦楽団(外部サイトへリンク)

1928年に設立。港区を本拠地に「求められる演奏活動」を掲げ、クラシックの管弦楽曲はもとより、独自の編曲による映画音楽をはじめ、タンゴ・ポップス等を中心としたコンサートや、クラシック以外のアーティストとのコラボレーション等をいち早く取り入れたオーケストラであり、ポピュラー音楽においても幅広く活動しています。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課人権・男女平等参画係

電話番号:03-3578-2025(内線:2025)

ファックス番号:03-3578-2976