• サイトマップ
  • 携帯サイト
  • English
  • 中文
  • 한글

文字の大きさ・色合い変更

  • 音声読み上げ
  • ふりがな表示

お問い合わせ・ご意見 inquiry/Opinion

  • トップページ
  • 暮らし・手続き
  • 防災・生活安全
  • 健康・福祉
  • 子ども・家庭・教育
  • 環境・まちづくり
  • 産業・文化・観光
  • 区政情報
  • 子ども・子育て
  • 高齢者・介護
  • 障害者

現在のページ:トップページ > 暮らし・手続き > 平和・人権 > 人権の取り組み > 人権って なに?

ここから本文です。

更新日:2012年3月30日

人権って なに?

人権ってなに?Q&A 差別についてQ&A

人権ってなに? 

娘 「人権って大切だ」とか「人権を尊重しなければいけない」って言うけど『人権』ってどんなことなの?

父親 「人権」というのは、誰もが生まれながらにして持っている、人間の尊厳に基づく固有の権利で、自分も、自分以外の人も、すべての人が「人間らしく、自分らしく生きる」ために必要なものなんだよ。だけど、残念なことに日本の法律の中には定義がないんだ。

娘 なるほど。お互いの権利(人権)を大切にすることが、みんなの幸せを創り上げていくことになるんだね。

父親 だけど、日本では、様々な人権問題があるんだよ。日常生活の中でも、なにげなく受け入れていることだって、角度を変えてみると見えてくることがあるんだよ。
例えば、「お茶を入れるのは女性の役割」という意識が、昔からあるよね。これは、性別の違いによってうける「差別」につながるんだよ。

娘 それ以外にどんなことがあるの?

父親 女性、子ども、高齢者、障害者、同和問題などがあるね。それぞれが違うように見えるかも知れないけど、偏見や思い込みが起因することが多いんだよ。日本では、法務省などが中心になって差別解消に向けた取り組みをしているんだよ。(法務省のホームページ(http://www.moj.go.jp/)へ(外部サイトへリンク))(新規ウィンドウが開きます。)
国際連合でも、世界の平和をめざして、世界の国に、人権教育の推進を呼びかけているんだよ。

娘 世界といえば「世界人権宣言」は、どうしてうまれたの?

父親 「世界人権宣言」は、人類が20世紀に2度の世界大戦を経験して、多くの尊い生命を奪い、悲劇と破壊をもたらしたことへの反省から、平和と人権の尊重を推進するために、国際連合で1948(昭和23)年12月10日に採択されたんだ。その第1条では、「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ尊厳と権利について平等である」とうたっているよ。

娘 ところで「人権週間」って?

父親 「人権週間」とは、世界人権宣言が採択された日を含めたその前1週間のことだよ。日本では、毎年12月4日から10日を人権週間として、全国各地で様々な啓発事業を実施しているんだよ。

このページの上へ戻る

差別について 

息子 「差別」ってどういうことを言うの?

母親 「差別」って、人をマイナスイメージで判断してその人を社会のなかで不当に扱ってしまうこと。
つまり、自分と同等だと認めていないことによって起こるのよ。

息子 それが人権侵害につながるんだね。

母親 そうよ。人権侵害は、心の中にある「差別」意識が、形として、あるいは行動として現れる結果なのよ。

息子 どうしたらなくなるの?

母親 この問題は、差別する人、差別される人だけの当事者だけの問題ではないってこと。見て見ぬふりをしている人も、差別した人の側についているのと同じなのよ。犯罪を犯している人を見て、通報もしないで見ている人は、いないよね。差別を見て見ないふりをしている人は、犯罪を見て通報しない人と同じなのよ。

息子 そうか!差別は、そうした多くの見て見ぬふりをしている人や無関心の人が、しっかりした態度で臨むことが大切なんだね。

母親 人はそれぞれ違うのがあたり前よね。お互いの個性や違いを認め合い、助け合っていく社会が、人権尊重された社会ってことになるかしら。そのためには、日常生活の中で、人権への配慮が態度や行動として表れるように、「人権感覚」を磨く努力をしていくことが必要だわね。

よくある質問

「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。 よくある質問入り口

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課人権・男女平等参画係

電話番号:03-3578-2025