• 港区のことを知ろう
  • まちなみ探検
  • 自然をしらべよう
  • クイズ・ゲームで遊ぼう

インターネットマナー知ってる?

お役立ちホームページ

ここから本文です。

港区の偉人

日本がほこる港区(みなとく)ゆかりの人物(じんぶつ)

港区(みなとく)にはいろいろな分野で活躍(かつやく)した人がたくさんいるんだね

岡本太郎

<おかもと・たろう/明治(めいじ)44-平成(へいせい)8(1911―1996)>画家・彫刻(ちょうこく)家

「芸術(げいじゅつ)は爆発(ばくはつ)だ!」の言葉(ことば)で有名(ゆうめい)な太郎は青山高樹(たかき)町で育ち(そだち)、南青山を活動(かつどう)の拠点(きょてん)に活躍(かつやく)しました。青山に建て(たて)たこだわりのアトリエ「現代芸術研究所(げんだいげいじゅつけんきゅうじょ)」は、ブロックを積ん(つん)だ壁(かべ)の上に凸レンズ型(とつれんずがた)の屋根(やね)がついているユニークなデザインです。現在(げんざい)の岡本太郎記念館(きねんかん)はこの自宅(じたく)兼(けん)アトリエを改築(かいちく)して造ら(つくら)れたものです。

区内(くない)の関連(かんれん)スポット

  • 岡本太郎記念館(南青山6-1-19)

樋口一葉

<ひぐち・いちよう/明治(めいじ)5-明治29(1872-1896)>歌人・作家

所蔵:台東区立一葉記念館

一葉は小説(しょうせつ)「たけくらべ」でよく知られている作家ですが、今、私(わたし)たちにとってもっとも身近(みぢか)なのは五千円札(さつ)に描か(えがか)れた彼女(かのじょ)の姿(すがた)かもしれません。港区(みなとく)の中では麻布三河(あざぶみかわ)台町、高輪(たかなわ)北町、芝西応寺(しばさいおうじ)町で暮らし(くらし)たことがある一葉ですが、19歳(さい)の頃(ころ)は芝区(しばく)南佐久間(さくま)町、現在(げんざい)の西新橋(にししんばし)に暮らす小説家・半井桃水(なからい・とうすい)のもと、1年ほど作家修業(しゅぎょう)をしていました。

街(まち)自体も多くの表情(ひょうじょう)があるけど、ゆかりのある人物(じんぶつ)もいろいろいるね!

江川英龍

<えがわ・ひでたつ/享和元(きょうわがんねん)-安政(あんせい)2(1801-1855)>兵学者(へいがくしゃ)・民政家(みんせいか)

江川英龍自画像。所蔵:江川家

英龍は台場設置(せっち)の指揮(しき)を執っ(とっ)たことで知られています。台場とは砲台(ほうだい)を設置した人工の島(しま)のことで、侵入(しんにゅう)する外国艦船(かんせん)を攻撃(こうげき)することが目的(もくてき)でした。もともと英龍は11の台場の建設(けんせつ)を予定(よてい)していましたが、6つの台場を完成(かんせい)させたのち、日米和親条約(わしんじょうやく)が結ば(むすば)れたことから計画は中止になりました。現在(げんざい)では第(だい)三台場が公園となり、第六台場は当時のまま保存(ほぞん)されています。

また、非常(ひじょう)食として知られている「乾パン(かんぱん)」ですが、英龍は兵隊(へいたい)の食糧(しょくりょう)に乾パンを焼い(やい)たことから、「パンの祖(そ)」としても知られています。

区内(くない)の関連(かんれん)スポット

  • 第三台場/台場公園(台場1-10-1)
  • 江川氏調練場跡(えがわしちょうれんじょうあと)(海岸(かいがん)1-1)

原 敬

<はら・たかし/安政(あんせい)3-大正10(1856-1921)>政治(せいじ)家

国立国会図書館HPより

敬は大正7年(1918)に内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん)となりました。その当時では爵位(しゃくい)をもたない初め(はじめ)ての首相(しゅしょう)で、世間(せけん)から「平民宰相(へいみんさいしょう)」 と呼ば(よば)れ親しまれていたそうです。敬の私邸(してい)は芝公園(しばこうえん)にあり、そこを中心に財政界(ざいせいかい)で活躍(かつやく)していました。しかし大正10年(1921)11月、総理(そうり)になって3年後のこと、東京駅(えき)で暗殺(あんさつ)されてしまいます。亨年(きょうねん)65歳(さい)でした。

北里柴三郎

<きたさと・しばさぶろう/嘉永(かえい)5-昭和(しょうわ)6(1853-1931)>細菌学者(さいきんがくしゃ)

提供:(社)北里研究所

破傷風菌(はしょうふうきん)の純培養(じゅんばいよう)の成功(せいこう)、ペスト菌(きん)の発見(はっけん)、さらに血清療法(けっせいりょうほう)の開発(かいはつ)など、柴三郎は世界的(せかいてき)な研究者(けんきゅうしゃ)として活躍(かつやく)しました。そして大正3年(1914)には私財(しざい)を投じ(とうじ)て芝(しば)白金三光町に「北里研究所(きたさとけんきゅうじょ)」を設立(せつりつ)し、医学界(いがくかい)に多大に貢献(こうけん)しました。

区内(くない)の関連(かんれん)スポット

  • 北里柴三郎記念(きねん)室(白金5-9-1・社団法人(しゃだんほうじん)北里研究所本館(ほんかん)1階(かい))
  • 伝染病研究所(でんせんびょうけんきゅうじょ)発祥(はっしょう)の地(芝公園(しばこうえん)1丁目(ちょうめ))
  • 北里柴三郎の墓(はか)(南青山2-32-2・青山霊園(れいえん))

ほかにも図書館(としょかん)ホームページ「港区(みなとく)ゆかりの人物(じんぶつ)データベース」から検索(けんさく)できるよ。

港区ゆかりの人物データベース
http://www.lib.city.minato.tokyo.jp/yukari/j/(外部サイトへリンク)