現在のページ:トップページ > 区政情報 > 広聴 > よくある質問 > 届出・証明・住民の手続き > 「住民基本台帳カードは、港区から引越してもそのまま使える。」と聞きましたが、手続はどうすればよいですか。

ここから本文です。

更新日:2020年7月28日

「住民基本台帳カードは、港区から引越してもそのまま使える。」と聞きましたが、手続はどうすればよいですか。

質問

港区から引越す手続はどうすればよいですか。
何か条件があるのですか。

回答

各総合支所及び台場分室で、住民基本台帳カードを持参のうえ、転出の届け出をしてください。
また、郵送でも手続きできます。
条件と必要書類は次のとおりです。
なお、紙の転出証明書は交付されません。
《条件》
・ 住民基本台帳カードの交付を受けていること。
・ 住民基本台帳カードの暗証番号がわかっていること。
・ 引越し先が、国内であること。
・ 転出届の日から30日以内または実際に引越した日から14日以内のいずれか早い日までに転入手続ができること。
・ 転入手続の際に、住民基本台帳カードを持参できること。

提出書類等

《窓口で手続する場合》
・住民異動届出書(窓口にあります)
・住民基本台帳カード
※写真無の住民基本台帳カードの場合は、本人確認書類が必要となります。
※暗証番号がわからない場合は、免許証等写真付きの公的な本人確認書類を本人がご持参いただければ暗証番号の再設定ができます。

《郵送で手続する場合》
・住民異動届出書(港区ホームページからダウンロードできます)
・住民基本台帳カードのコピー
・写真無の住民基本台帳カードの場合、免許証等写真付きの公的な本人確認書類のコピー
※郵送での手続は、余裕を持って行ってください。

※「住民異動届」を参照。
※「本人確認書類について」を参照。

お問い合わせ先

各総合支所区民課窓口サービス係
芝浦港南地区総合支所台場分室

芝地区03-3578-3111
麻布地区03-3583-4151
赤坂地区03-5413-7011
高輪地区03-5421-7611
芝浦港南地区03-3456-4151